KDE 4系の最終版「KDE SC 4.11」リリース、Waylandの実験サポートも追加

 The KDE Communityは8月14日、デスクトップ環境KDEの最新版「KDE Software Compilation 4.11(KDE SC 4.11)」をリリースした。「KDE Frameworks 5」ベースに移行する前のリリースとなり、「KDE Plasma Workspaces」および「KDE Applications」、「KDE Development Platform」の3つのコンポーネントが揃ったリリースとしては最後となる。

Konquerorの右クリックメニューに独自項目を追加する方法

 KDEのKonquerorはきわめて多機能な万能型ツールだ。ファイルマネージャとWebブラウザを兼ねており、サービスメニューを使って新しいコマンドを追加することもできる。追加したコマンドは、Konquerorでファイルを右クリックしたときにコンテキストメニューに表示される。この記事では、サービスメニューを作成して独自のコマンドを追加する方法を見ていくことにしよう。

マウスジェスチャを設定するEasyStrokeとGestikk

 どういうわけかマウスジェスチャーはデスクトップユーザーに今一つ受け入れられていない。マウスの動きでコマンドを開始したりキーの組み合わせをシミュレートしたりするという操作法は、マウスとキーボードの間でしょっちゅう手を動かしたくない人や、身体的な理由でタイピングに不自由を感ずる人に向いている。だがマウスジェスチャーのことを知らないユーザーはいまだ多く、需要はほとんどないように見える。KDE 4のリリースが開始されて9ヶ月経つのに、KDEは初期のバージョンのデスクトップにおいてマウスジェスチャー機能を使えるようにしたところのソフトウェアや設定をまだ何も実装していない。一方、GNOMEはどうかと言えば、Mouse Preferences → Accessibilityタブで限られたジェスチャ機能を利用できるに過ぎず、それ以上のものはまだ何も用意されていない。こうした事情から、最近リリースされた EasystrokeGestikk はデスクトップの付加機能として大いに期待が持てる。操作と作りはどちらも似ており、マウスジェスチャーをセットアップして管理するツールとして、そこそこ使える水準に達している。

機能の向上を期待させるKOffice 2.0ベータ版

koffice_thm.png

 KOfficeは長い間、主要なオフィスアプリケーションを追う位置にあった。もう開発に何年もかけているにもかかわらず、機能的にはまだOpenOffice.orgに及ばないが、十分に完全な機能を有しており、愛用者コミュニティも存在する。今回のベータ第1版からは、KOffice 2.0はまだOpenOffice.orgなどの競合するフリーソフトウェアに匹敵するレベルにはならないものの、そのレベルに向けた大きな一歩を踏み出していることがうかがえる。