【NTTイフの火災保険】おすすめランキング最新版のお知らせ

2022年5月16日 エヌ・ティ・ティ・イフ エヌ・ティ・ティ・イフは、4月25日に火災保険のおすすめランキングについて最新版へ更新しました。 NTTイフの火災保険 おすすめランキング 火災保険の代理店NTTイフでは、ご契約をいただいた契約数を集計して、ランキング形式でサイトに公開しています。

音声合成エーアイと日本工学院の産学連携プロジェクト 「A.I.VOICE」新キャラクターの共同開発・商品化を目指す

高品質音声合成エンジンAITalkを開発・提供するエーアイは、日本工学院専門学校との産学連携プロジェクトによる、個人向け音声読み上げソフト「A.I.VOICE」新キャラクターの共同開発を2022年5月16日より開始し、2023年3月の商品化を目指すことをお知らせいたします。

コネクシオ、電子ペーパーノートALTERIC NOTE(オルタリックノート)を国内法人向けに販売開始

コネクシオは、伊藤忠商事が、自社ブランドとして2022年5月16日に発売した、電子ペーパーノートALTERIC NOTEを国内法人向けに販売開始いたします。 コロナ禍におけるテレワークの浸透や、企業のDX及びデータセキュリティ対応が増加する中で、電子ノートやタブレット端末の需要が高まっております。

5/26開催音声合成Webセミナー コールセンター自動化の決定打!「ボイスボット」の現在地と今後

高品質音声合成エンジンAITalkを開発・提供するエーアイは、オンラインセミナーを2022年5月26日に開催することをお知らせいたします。 本オンラインセミナーでは、「ボイスボット」をテーマに、コールセンターにおいて豊富な導入実績を持つ音声合成技術「AITalk」をご紹介します。

次世代ASPの新サービス「Surpha AD」提供拡大を開始!クリックもコンバージョンも。メディア様のマネタイズを最大化。

ASP事業を行うSurphaは、クリック、登録、インストールなど、様々な成果種別を対象としたパフォーマンスの高い広告を最適化して掲載できる新サービス「Surpha AD」の利用制限を解除し、提供拡大を開始いたします。 画像1: Surpha AD 「Surpha AD」URL: 提供背景 収益化の為にチューニングされた広告をローテーションで配信し、メディア様の広告枠とインプレッションを無駄にしません。

「ET & IoT」から「Edge Tech+」へ

エッジテクノロジーの総合展「ET & IoT」は、2022年11月16日~11月18日にパシフィコ横浜で予定している本年の開催から、「Edge Tech+」へと名称を変更することとなりました。 社会全体が事業変革期を迎えている現在、ビジネス効率向上に有効なエッジテクノロジーを、各産業分野へ実装するアクションの一層の加速が求められています。

ISMSオートメーションツール SecureNavi、SaaS管理プラットフォーム「マネーフォワード IT管理クラウド」と機能連携を開始! 共催セミナーの開催も決定

SaaSの洗い出しの自動化により、ISMSの構築・運用がより簡単に SecureNaviが提供するISMSオートメーションツール「SecureNavi」は、マネーフォワードiが提供する「マネーフォワード IT管理クラウド」と機能連携を開始しました。

ビルドサロン【高齢者向けオンラインサロン】開発パッケージ「ビルドシニア」を提供開始。シニアユーザーを想定したインターフェイスを開発・提供。

法人向けオンラインサロン制作・開発業務を専門で承るビルドサロンは、2022年5月14日、高齢者向けオンラインサロン開発パッケージ「ビルドシニア」を提供開始しました。 通常のオンラインサロン開発サービスと比較して、インターフェイスを高齢者向けに設計し、オンラインサロンの会費決済などをわかりやすくサポートします。

「世界のコネクテッドレール市場(~2027年):サービス別(乗客移動、PIS、列車追跡・監視、自動運賃徴収、予知保全、貨物管理)、鉄道信号システム別、鉄道車両別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

2022年5月16日 H&Iグローバルリサーチ 「世界のコネクテッドレール市場:サービス別、鉄道信号システム別、鉄道車両別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 H&Iグローバルリサーチは、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のコネクテッドレール市場:サービス別、鉄道信号システム別、鉄道車両別、地域別」市場調査レポートの販売を2022年5月16日にMarketReport.jpサイトで開始しました。

三次市と東京インタープレイ株式会社 「みんなにやさしいデジタル」に関する連携協定締結

iOS/Android/パソコン向け、ペーパーレスシステム「SideBooksクラウド本棚」を提供している東京インタープレイと、広島県三次市は、2022年4月27日「みんなにやさしいデジタル」に関する連携協定を締結しました。 画像1: 協定書を掲げる 三次市 福岡 誠志 市長と東京IP 代表取締役 米田 英輝 これまで三次市で取り組んできたペーパーレスの推進および業務の効率化に加え、各種委員会・審議会のデジタル化の推進、デジタル技術を活用した会議運営手法や市民の皆さんへのわかり易い地域情報発信の研究などに連携して取組み、市民サービスの向上に寄与することを目的としています。

理想のデートプランから恋のお相手を探そう! 「くるまの旅ナビ」登録で、マッチングアプリ「タップル」の 無料クーポンプレゼント!

おでかけ先提案サイト「くるまの旅ナビ」を運営するキャンピングカーは、趣味でつながる恋活・婚活マッチングアプリ「タップル」を運営するタップルと、タップルがお得に利用できる“特別クーポンプレゼントキャンペーン“を2022年4月28日より開催いたします。

優れたクリエイティブを表彰する日本最大級のアワード「2022 62nd ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」を開催 6月1日(水)よりエントリー受付を開始

一般社団法人 ACCは、あらゆる領域のクリエイティブを対象としたアワード「2022 62nd ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」を開催、エントリーを2022年6月1日より開始いたします。 応募部門は、フィルム部門、フィルムクラフト部門、ラジオ&オーディオ広告部門、マーケティング・エフェクティブネス部門、ブランデッド・コミュニケーション部門、デザイン部門、メディアクリエイティブ部門、クリエイティブイノベーション部門の全8部門です。

『ドラゴンポーカー』×『進撃の巨人』コラボ記念調査兵団プレゼントキャンペーン5月16日(月)よりTwitterで実施!

アソビズムは、App Store・Google Playにて好評配信中の『ドラゴンポーカー』とTVアニメ『進撃の巨人』のコラボを記念して、「調査兵団プレゼントキャンペーン」を、2022年5月16日より実施することをお知らせいたします。 コラボイベント特設サイト: 5月16日より、TVアニメ『進撃の巨人』とのコラボを記念してプレゼントキャンペーンを実施いたします。

ジール、SAS Institute JapanとSMB領域におけるDX推進で協業

~SASのSMB領域における優先リセラーとして、データ分析基盤からAI予測分析まで実現するワンストップソリューションを提供~ アバントグループで、デジタルトランスフォーメーション推進事業を展開するジールは、アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute JapanとSMB領域におけるDX推進支援で協業することを発表します。

「地方自治体版事業再構築補助金」76件が公募 申請サポートを開始いたします。【申請相談可/全国】

神奈川県3000/新潟県8000/長野県8100/高知県3000 ナビットが運営する「助成金なう」では、 各種補助金の申請サポートを承っております。 業種・業態の転換を支援する補助金として「事業再構築補助金」が有名です。 しかし、全国の自治体でも事業再構築補助金と同じように、 ビジネス転換や新規事業を支援する補助金が公募されていることをご存知でしょうか? 新年度になり、全国の地方自治体から続々、 事業再構築補助金地方自治体版の公募が始まっています。

自然言語処理分野に注力するpluszero オンライン投票を投票先の秘密を守りながら公正に実現できる「匿名電子投票プラットフォーム」を提供開始

-投票先の秘匿性を担保しつつ投票の集計・管理の効率化を実現- 詳細 AI・自然言語処理を通して事業コンサルティング、サービス提供を行い、自然言語処理分野に注力するpluszeroは、オンライン投票を投票先の秘密を守りながら公正に実現できる「匿名電子投票プラットフォーム」のサービス提供を開始いたしました。

サイオステクノロジー、JCVと連携開発、「顔認証シングルサインオン(SSO)」をイオンファンタジーへ導入

顔認証+シングルサインオンでセキュリティ強化と利便性向上を同時に実現 2022年5月16日 サイオステクノロジー サイオステクノロジー、JCVと連携開発、「顔認証シングルサインオン」をイオンファンタジーへ導入 ~顔認証+シングルサインオンでセキュリティ強化と利便性向上を同時に実現~ サイオステクノロジーは、日本コンピュータビジョンと連携し、サイオステクノロジーのIDaaS*¹「Gluegent Gate」とJCVの顔認証を連動させた「顔認証シングルサインオン*2」をソフトバンクの協力のもと、イオンファンタジーへ導入しました。