米Synopsysがオープンソースのセキュリティレポートを公表、商用ソフトウェアでの古いオープンソースソフトウェア利用に対し懸念

 米Synopsysは5月12日、オープンソース技術のセキュリティに関する年次報告書「2020 Open Source Security and Risk Analysis」を発表した。オープンソース技術の利用が増える一方で、古いオープンソースソフトウェアが更新されずに使われていることについて警笛を鳴らしている。