[PR]完成度の高いディストリビューション「SUSE OpenStack Cloud」を活用 商用サービスへの迅速な展開が可能なハイブリッドクラウド基盤を構築

suse_logo_color-200

 仙台を中心にデータセンター事業を展開している株式会社エスツーでは、顧客の要望に応じたインフラ構築を行うことで、ゲーム・芸能業界や官公庁などその要件にマッチした最適なビジネス基盤を提供している。同社では急激なトラフィック増にも耐えられる柔軟なシステム環境を望む顧客に対して、クラウドコンピューティング(以下、クラウド)をベースにしたインフラ構築を行っているが、クラウド運用に欠かせない仮想ネットワーク基盤として広く普及している「MidoNet」とともにその中核基盤として採用されているのが、エンタープライズ向けに最適化されたOpenStackディストリビューション「SUSE OpenStack Cloud」だ。

コードを記述することなしにデータを表やグラフとして出力できる帳票ツール「Elixir Report」

er_repo09

 さまざまなデータをドキュメント化するに当たって、面倒なのがデータを表やグラフといった形に整形する作業だ。特に印刷に向けたPDFなどを作成する場合、そのジェネレータ側で図や表のレイアウトなどを細かく制御する必要がある。そこで活用したいのが、図表のレイアウトや出力機能を持つツールだ。これらは帳票ツールなどとも呼ばれており、既存のシステムと組み合わせることで容易にデータのドキュメント化を実現できる。今回はドキュメントのデザインから出力までをカバーするツール「Elixir Report」を紹介する。

Seam3とMyFaces CODIが合体した「Apache DeltaSpike 1.0」がリリース

 Javaにおいてコンテキストや依存性の定義に使われるJava CDI(Contexts and Dependency Injection)を集めた「Apache DeltaSpike」の開発チームは6月18日、「Apache DeltaSpike 1.0」をリリースした。移植性の高いJava CDI拡張を集めたjarファイルコレクションで、Java開発者はこれを利用してJava EE 6アプリケーションを開発できる。