Black Duckが企業アプリで使われるOSSに関する調査結果を公表、6割以上で脆弱性が放置されているという結果に

 米Black Duck Softwareの調査によると、商用アプリケーションの97%が何らかのオープンソース技術を利用しているという。一方で、これらアプリケーションに含まれているオープンソース技術に脆弱性が含まれている比率は7割近くに及ぶことも分かった。