AndroidベースのOS環境「CyanogenMod」が2016年で終了へ、後継となるフォークプロジェクト「Lineage」が誕生

 Google「Android」ベースのオープンソースのディストリビューション「CyanogenMod(CM)」を開発・公開する米Cyanogenが、年内にCyanogenModの開発を終了すると発表した。同社はすでに人員削減を行なってきたが、ついに幕引きとなった。一方で、その翌日にはフォークとなる「Lineage」プロジェクトが立ち上がった。

Do Not Truckの改良やSocial APIのmixi対応などが加わった「Firefox 21」リリース

 Mozillaは5月14日、オープンソースのWebブラウザ「Firefox 21」を公開した。ユーザーがCookieなどによるトラッキングを拒否する意志を示す仕組みである「Do Not Truck(DNT)」のユーザーインターフェイス(UI)が改良されたほか、起動時間短縮のヒント表示や「Firefoxヘルスレポート」の先行実装などが行われてる。

スマートフォンやタブレットからLinuxにアクセスできるリモートデスクトップソフトウェア「Splashtop Streamer」

 米SplashtopがPCへのリモートアクセスを可能にするソフトウェア「Splashtop Streamer for Linux」を公開した。すでにWindowsおよびMac版がリリースされている「Splashtop Streamer」のLinux版で、Ubuntu 12.04に対応する。これを利用することで、AndroidやiOS端末からUbuntuが動くコンピュータにリモートアクセスできる。

ほとんどのAndroid向けWebブラウザで利用できるプロクシ型広告ブロックツール「Adblock Plus 1.0 for Android」リリース

 Adblock Plus開発プロジェクトは11月28日、オープンソースのAndroid向け広告ブロックツール「Adblock Plus 1.0 for Android」をリリースした。Webブラウザで表示される広告を非表示にする(ブロックする)ためのツールで、透過型プロクシとして動作する。