GitHubがChromiumベースのテキストエディタ「ATOM」を発表

 GitHubが2月26日、同社内で開発したテキストエディタ「Atom」を発表した。6年以上をかけて開発したもので、拡張可能で使いやすい「21世紀向けのハッキング可能なテキストエディタ」と称している。現時点ではMac版のみが招待制ベータとして提供されており、将来的にはWindowsおよびLinux版のリリースも考えているという。

TeXの問題点を解決する開発環境を目指す!開発者に聞く:高機能なTeX・LaTeXコードエディタTeXstudio編

 TeXstudioは、組版処理言語であるTeXやLaTeXによる文書作成を支援するマルチプラットフォーム対応エディタだ。TeXやLaTeXでは独自のコマンドを文書中に埋め込むことで段組や表の作成、テキストの装飾などを行うが、TeXstudioはこれらのコマンドをハイライト表示する機能やコマンドを補完する機能などを搭載している。このTeXstudioの開発者に、TeXstudioの機能や今後の新機能などについて話を聞いた。

バージョン24系初となる正式版「Emacs 24.1」リリース、パッケージ管理システムの導入などが行われる

 GNU Emacs開発チームは6月10日、フリーのテキストエディタ最新版「GNU Emacs 24.1」を公開した。バージョン24系初となる正式版リリースで、Emacs Lispパッケージの管理機能やEmacs Lispにおけるスコープ仕様の変更、双方向(bidirectional)テキストのサポートなど、大きな変更が加わっている。

市販ソフト顔負けの機能を備えるHTMLエディタ「KompoZer」

 ブログやCMSの普及によって、Webサイトの制作時にHTMLを書く機会は減った。しかし、ちょっとしたデザインの変更や内容の手直しには、やはりHTMLを直接編集するのが一番だ。そこで役に立つのがHTMLエディタ・Webオーサリングツールである。今回紹介するのはフリーでありながら豊富な機能を備えるHTMLエディタ・Webオーサリングツール「KompoZer」だ。