Mozillaが新しいロゴを発表、使用したフォントは無償公開

 Mozillaは1月18日、新しいロゴを含むブランド体験の展開を開始することを発表した。Mozillaのミッションをより広いインターネットユーザーに伝えることを目的に開始したコミュニティベースのブランディングイニシアティブとなる。Webブラウザにおける「Firefox」のシェアは低迷気味であり、新しいイメージを与えることができるか注目される。

Mozilla、Language Server Protocolを実装した「Rust Language Server」を発表

 MozillaのRust開発チームは10月19日、ソースコードの自動補完や定義参照などの機能をクライアント-サーバーアーキテクチャで提供する「Language Server Protocol」を初めて実装した「Rust Language Server」のコードを公開した。まだプレ・アルファの位置付けであり、ソースコードを定期的にバックアップするような環境での利用を推奨している。

Mozilla、オープンソースのセキュリティ問題に取り組む「Secure Open Source」プログラムを発表

 Mozillaは6月9日、オープンソースソフトウェアプロジェクトのセキュリティ対策を支援するプログラム「Secure Open Source(SOS)」を発表した。初期投資として50万ドルを投じてオープンソースプロジェクトのセキュリティ監査などを行う。同時に、オープンソースを利用する企業や政府に財務支援も呼びかけている。