Ubuntu創始者のShuttleworth氏、Bansheeとの売上げ共有を巡る問題について謝罪と説明

 Ubuntu創始者のMark Shuttleworth氏は3月1日、Ubuntu 11.04で採用が決定しているオープンソースのメディアプレイヤー「Banshee」との売上げ共有の議論について、自身の見解を発表した。Shuttleworth氏は協議を進める方法を誤ったことなどに謝罪しつつ、Bansheeチームに対して共有分の売上げを受け取ることを望むと記している。

英Canonicalがマルチタッチインターフェイス「uTouch 1.0」を公開、Ubuntu 10.10に搭載

 英Canonicalは8月16日、マルチタッチ・ジェスチャースタック「uTouch 1.0」を発表した。現在開発中のUbuntu 10.10(開発コード「Maverick Meerkat」)に搭載する予定とのこと。タッチインターフェイスは将来的にUbuntuや各種Linuxアプリケーションで中心的役割を果たすとし、活発に開発を進めることを明らかにしている。

Ubuntu 10.04 LTSガイド(前編):Ubuntuのインストールと初期設定

 2年ぶりの長期サポート版となるUbuntu 10.04 LTS(Lucid Lynx)がリリースされた。UIが一新されたほか、独自の音楽配信サービス「Ubuntu One Music Store」やTwitterやFacebookといったSNSとの連携機能「Me Menu」など、意欲的な新機能が多数搭載されている。本記事ではこれら新機能を中心に、Ubuntu 10.04 LTSのインストーラや見どころを2回に分けて紹介する。

Canonical、ネットブック向け軽量デスクトップ環境「Unity」と「Ubuntu Light」を公開

 英Canonicalは5月10日(ベルギー時間)、最新の軽量デスクトップ環境「Unity」とUnityを実装した「インスタントWeb」ディストリビューション「Ubuntu Light」を発表した。UnityはUbuntuのネットブック向けエディション次期版「Ubuntu 10.10 Netbook Edition」で採用が予定されており、同日開発者向けに公開した。