オープンソースのWebサーバー「Nginx」の商用版「NGINX Plus」がリリースされる

 オープンソースのhttpサーバー「Nginx」を開発する米Nginxは8月22日(米国時間)、サポート付きの商用版「NGINX Plus」を発表した。コア部分はオープンソース版と同じだが、商用サポートの提供に加え、モニタリングや可用性の向上、ストリーミング配信、より高度なロードバランシングといった機能などが提供されるという。

nginxベースの高速なWordPress環境をお名前.comのVPSで構築

 Webサイトやブログサイトを運営する際に使うCMS(コンテンツマネジメントシステム)として定番となっているWordPressは、ApacheとPHP、MySQLといった環境で利用するのが一般的だ。しかし、この構築環境は軽量とは言いがたいため、アクセスが多いサイトの場合サーバーリソースを潤沢にするか、バックエンドのチューニングが必須だ。そこで動作が軽く、プロキシサーバーとしても利用可能なWebサーバー「nginx」を使い、非常に高速なWordPress環境を構築する方法を紹介しよう。年額1万円未満で利用可能な「お名前.comのVPS 1GBプラン」でも、かなり実用的なWebサーバー環境が構築できる。

Facebookに対抗する分散型SNS「Diaspora」、コミュニティベースでのプロジェクトに

 分散型ソーシャルネットワークシステム「Diaspora」の創業者らが8月27日、新しい開発方針としてDiasporaをコミュニティプロジェクトとすることを発表した。これまでプロジェクトを進めてきた創業者らは引き続きプロジェクトに参加するが、今後プロジェクトの運営はコミュニティに委ねる方針となる。

Node.jsに対抗?JavaScript/Ruby/Groovy/Javaなどをサポートする非同期フレームワーク「Vert.x 1.0」登場

 5月9日、非同期型アプリケーションフレームワーク「Vert.x 1.0」がリリースされた。Node.jsと同じく非同期・イベント駆動型のアプリケーションフレームワークで、Webアプリケーションや大規模サーバーの開発に向けたもの。Java仮想マシン(JVM)で動作し、JavaScript、Ruby、Groovy、Javaといった言語での開発をサポートする。