「Vert.x 3.0」がリリース

 Java仮想マシン上で動作するアプリケーション開発ツール「Vert.x」の開発コミュニティが6月24日、「Vert.x 3.0」をリリースした。既存のアプリから容易にWebアプリケーションを構築できるツールや非同期テスト作成のためのツールが加わったほか、Dockerコンテナ内での実装、米Red HatのPaaSであるOpenShiftでの実装サポートなども加わっている。

GroovyベースのWebアプリフレームワーク「Grails 3.0」が公開

 WebアプリフレームワークGrailsの開発チームが最新版となる「Grails 3.0」をリリースした。「Groovy 2.4」バンドルなどの新機能を持つもので、出資元の米Pivotalの支援を受けて開発された最後のリリースとなる。Grailsは次の開発母体を探しているところだが、どこの団体にするかはまだ交渉中だという。

コードを記述することなしにデータを表やグラフとして出力できる帳票ツール「Elixir Report」

 さまざまなデータをドキュメント化するに当たって、面倒なのがデータを表やグラフといった形に整形する作業だ。特に印刷に向けたPDFなどを作成する場合、そのジェネレータ側で図や表のレイアウトなどを細かく制御する必要がある。そこで活用したいのが、図表のレイアウトや出力機能を持つツールだ。これらは帳票ツールなどとも呼ばれており、既存のシステムと組み合わせることで容易にデータのドキュメント化を実現できる。今回はドキュメントのデザインから出力までをカバーするツール「Elixir Report」を紹介する。

RDF形式のデータを処理できるセマンティックWeb向けJavaフレームワーク「Apache Jena 2.12」リリース

 セマンティックWebアプリケーション構築ツール「Apache Jena」の開発チームは8月7日、最新版となる「Apache Jena 2.12.0」および「Apache Jena Fuseki 1.1.0」をリリースした。RDF(Resource Description Framework)形式のデータの読み書きや処理を行うAPIやクエリエンジン、RDFデータを公開するためのサーバー機能などを提供する。

Seam3とMyFaces CODIが合体した「Apache DeltaSpike 1.0」がリリース

 Javaにおいてコンテキストや依存性の定義に使われるJava CDI(Contexts and Dependency Injection)を集めた「Apache DeltaSpike」の開発チームは6月18日、「Apache DeltaSpike 1.0」をリリースした。移植性の高いJava CDI拡張を集めたjarファイルコレクションで、Java開発者はこれを利用してJava EE 6アプリケーションを開発できる。