KDE 4のリリースは何が問題であったのか?

 本年1月にKDE 4.0が最初にリリースされた当時に感じたのは、これこそが新時代のデスクトップ開発の礎となるべき存在だろうという予感であった。ところがその後、実際にバージョン4.xが各種ディストリビューションにて同梱されるようになると、否定的な見解の方が大勢を占めるようになってしまったのである。この7月末にはバージョン4.1のリリースが予定されているのだが、そこで浮かび上がってくるのが“KDE 4.0はいったい何が不味かったのだろう”という疑問である。

 いずれにせよこれは、KDE本体およびそれを同梱するディストリビューションの関係者だけでなく、程度の差こそ有りはすれ、フリーソフトウェア関連のマスメディアとユーザの全員が何らかの関わりを有す問題のはずである。そしてその背景に潜んでいるのは、フリー/オープンソースソフトウェア(FOSS)コミュニティそのものの在り方が変質しつつあるという事実なのだ。

 まず第一に、KDEに対してユーザが抱く反感ないしKDEに対する認識そのものが、従来の型に当てはまらないものとなっている。KDEにおける過去のリリースはいずれも技術上の大いなる前進を意味していたが、バージョン2.0および3.0とバージョン4.0とでは、各リリースに対する反応が大きく異なっているのだ。例えば今回同様にKDE 2.0もその初期バージョンはパフォーマンス的な問題を抱えており、一部のアプリケーションではアップグレードが遅々として進まなかったものの、当時は辛抱強く改善を待つというユーザが大勢を占めていた。KDE 3.0についても当時はkde-develメーリングリストにてリリースの扱いが適切でないという非難の声が投げかけられてはいたが、ユーザにせよ評論家にせよ概ね好意的に受け止めていたのである。と言うよりもKDEの最新リリースに対する極端なまでに反発的な態度こそが、FOSS系プロジェクトにてこれまで見られなかったタイプの反応なのだ。

 こうした従来のリリースに対するユーザ側の態度を基準とするならば、現在のKDE 4に対する受け止め方は理解不能と言ってもいいだろう。そもそもKDE 4.0というバージョン番号が誤解を招く原因となっているのだが、これは以前から何度も説明されているように開発者向けのリリースなのであって、一般のデスクトップユーザの使用を想定したリリースではないのである。北米地区におけるKDEの広報担当者であるWade Olson氏によると、過去のKDE 4.0に対するメジャーなレビュー記事の大半は、明確な形にてこの事実に言及していたとのことだ。

 ところが本年4月から5月ごろに最初期バージョンのKDE 4.0がディストリビューションに同梱され始めるようになると、これが開発リリースであるというメッセージは影を潜めだし“KDE 4.0は純然たる完成版ソフトウェアのはずだ”という認識での反応をユーザ側が見せるようになったのである。そうした経緯があったことを考え合わせると、例えば自分が入手したKDEのバイナリにて一部の機能やカスタマイズ用オプションが実装されていない点に不審と不満を感じたユーザが存在したのも、ある意味当然と言えるだろう。また新規のメニューやデスクトップマネージャに対する批判的な意見については、どのような変更に対してもリアクションとしての反感を抱く人間は常に存在するものであるが、中には実際に機能的な不満を感じている者もいたはずである。同じく安定性に対する不満も多数寄せられていたが、こうした問題はKDEだけでなく個々のディストリビューション側の責任も問われるべき性質のものだ。その他、ファイルマネージャとしてのDolphinが前面に打ち出されている背景には将来的なKonquerorの廃棄が想定されているのではという見解も聞かされたが、これなどは根拠薄弱な噂レベルの憶測だと見ていいだろう。こうした玉石混合的な反応の中において1つ言える確かな事実は、各種のKDE系のメーリングリストおよびKDE.newsの記事にて否定的な見方が多数を占めるようになり、Groklawの関連スレッドがこの話題で何度も埋め尽くされるような事態にまで発展してしまったということだ。

 この件については、プロないしセミプロの書き下ろしたレビュー記事の中にも、こうした一般ユーザの意見と同調していたものが存在していた。特に極端であったのがLinux Hater’s Blogであり、このブログではKDEというプロジェクトだけでなくそのコア開発者であるAaron Seigo氏個人を執拗に非難していたのである。同じくFOSS分野のベテランジャーナリストであるSteven J. Vaughan-Nichols氏は、KDE 4デスクトップに対する個人的な嫌悪感を吐露した後、現在の開発者はユーザを無視するようになっているとして、同プロジェクトをフォーキング(分岐)する必要性を訴えていた。こうした主張を述べた記事の掲載はユーザ側の共感を呼んでいたが、その一方でこの種の記事自体が更なる反対意見を煽る原因となっていたはずである。

 そしてこのようなKDE 4への反発に対して不快感を露わにしたのは、その作成に3年以上の歳月を投じてきたKDE開発陣であり、彼らにしてみればこれは当然の反応を示したに過ぎなかった。例えば「Road to KDE 4」に執筆した記事にてその名を知られるTroy Unrau氏もそうした1人であり、同氏は自身のブログにて、「KDEを含めたオープンソース系プロジェクトにとってユーザを喜ばせるのは義務ではない。バグを修正することも私たちの義務ではない。要求された機能を実装することも私たちの義務ではない。我々を個人攻撃する場となるオープンフォーラムを提供するのも、私たちの義務ではない」とまで極論している。

 この記事の掲載から1週間後にUnrau氏からは謝罪の言葉が述べられたが、その時点で先の過激な発言は論争を大いに煽る結果となっていたのだ。更にUnrau氏は個人的な諸事情を理由としてKDE関連の活動から手を引いたのだが、同氏の離脱は今回の論争に対するリアクションであると一般には受け取られたのである。Seigo氏が同氏のブログを凍結したのも、同氏自身はKDEの広報担当責任者を1年以上務めたため降板したかったと述べていたが、同様にコード開発に集中するためだと多くの人間は見ている。