ペンタセキュリティMyDiamo、SC Awards US 2020データベース部門のファイナリストに採択

IoT・クラウド・ブロックチェーンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)は12月2日、オープンソースデータベース暗号化ソリューションMyDiamo(マイ・ディアモ)がSCメディア主催のSC Magazine Awards USの「最高のデータベース・セキュリティソリューション(Best Database Security Solution)」部門のファイナリストとして採択されたことを明らかにした。

ペンタセキュリティが提供するMyDiamoは世界初のオープンソースデータベース暗号化ソリューションで、アプリケーション及びクエリの修正が不要でカラム単位暗号化を提供する透過型暗号化(Transparent column Encryption、TDE)方式により、暗号化の適用後にもパフォーマンス劣化がないため、オープンソースDBMSに最適されたソリューションである。

暗号化機能に加え、アクセス制御及び監査ログの機能を提供するのみならず、HIPAAやPCI-DSSなどのコンプライアンスに準拠し、統合データベースセキュリティを実現した。特にMySQL・MariaDB・PerconaDB・PostgreDB等の様々なオープンソースDBMS環境をサポートする一方、一般企業には商用ライセンスを提供しながら非営利団体などには非商用ライセンスを提供するなどライセンスを多様化し、利便性を確保しつつセキュリティを高めることで、顧客満足を実現してきた。

一方、SC Magazine Awardsは約30年にわたってサイバーセキュリティ分野をリードする専門家及び製品・サービスを選定し賞を授与するイベントであり、業界においてその権威と影響力を認められている。セキュリティ産業分野の専門家たちによる厳選な審査を経て受賞者が決められ、データベース部門以外にも、クラウドコンピューティング・フォレンジックソリューション・認証技術など、様々な分野における専門性が高く優秀な企業に対し賞を授賞する。受賞者は2020年2月25日サンフランシスコで開かれる授賞式で発表予定である。

ペンタセキュリティCSOのDS Kimは、「ペンタセキュリティはデータベース暗号化技術を基盤として成長を続けてきた企業だからこそ、今回のファイナリストに採択されたのは感無量だ」とし、「商用プログラムのメインテナンスのコスト増加により、企業においてオープンソースの使用率がどんどん増大しているため、これからも多様なオープンソースDBMS環境のサポートと定期的な機能アップデートを行い、グローバル顧客により良い製品の提供に向けて尽力していきたい」と語った。

授賞部門、候補企業リストは下記のURLにて確認できる。
https://www.scmagazine.com/2020-sc-awards-trust-awards-finalists/

リリース詳細
提供元: ドリームニュース