『MySQLのHA構成の選択肢と比較』というテーマのウェビナーを開催

マジセミ株式会社は「MySQLのHA構成の選択肢と比較」というテーマのウェビナーを開催します。

画像

(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/s-style-20230126/M1D

・本セミナーは、2022年11月16日に開催したセミナーの再放送です。
・多数のご要望により、再放送での開催が決定しましたので、ご案内いたします。

■データベースの停止は損失を伴う重大問題
デジタル化の進展に伴い情報システムの果たす役割はますます大きくなっています。
トラブル等によりシステム停止が起き報道で取り沙汰される事例が複数見られることからも、その影響度合いが伺えます。
中でも特に、情報システムの中核であるデータベースをなるべく停止させないことは、安定的にサービスを提供し続けるための重要な課題です。

■ダウンタイムを限りなく短くすることが重要
サービス提供が不可能な状態に陥ることなく、安定して利用できる(可用性が高い)システムを構築するには、障害が起きないようにすることがベストですが、完全に防ぐことはできません。
そこで重要になるのが、障害発生時のサービス停止時間(ダウンタイム)を限りなく短くすることです。

■MySQLで高可用性を実現する最適なクラスタ構成
レプリケーション機能による冗長構成、アクティブ/スタンバイ型のクラスタ構成など、MySQLにおいてダウンタイムを短くし、高可用性を実現する方法はいくつか選択肢があります。
しかしながら、それぞれメリットとデメリットがあり、双方の観点から検討する必要があるため、自社にとって何が最適かわからないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

■高可用性、ダウンタイム"ゼロ"を目指すための選択肢と最適解を紹介
そこで本セミナーでは、高可用性を実現するMySQLの高可用性/HA構成について、どんな選択肢があるのか、その中で何が最適なのか解説します。
国内で15年以上1000社以上の企業へMySQLに関するコンサルティング&サポートや製品提供を行ってきたスマートスタイル社が、MySQLの高可用性ソリューション「MySQL InnoDB Cluster」 を紹介する予定です。

・MySQLシステムの可用性、安全性、安定性を高めたい

・MySQLでの高可用性/HA構成、クラスタ構成をどう検討すれば良いかわからない

・システムトラブルやメンテナスなどにおいてもデータベースの停止時間を極力無くしたい
上記のような課題をお持ちのユーザ企業のIT部門/システム管理部門のマネージャーの方は、ぜひご参加ください。

(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/s-style-20230126/M1D

■主催
株式会社スマートスタイル
■協力
株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ株式会社

マジセミは、今後も「参加者の役に立つ」ウェビナーを開催していきます。

★他のWebセミナーの申し込み、過去セミナーの動画・資料については、以下からご確認ください★
https://majisemi.com?el=M1D

★ウェビナーを開催したい方はこちらの動画をご覧下さい★
https://youtu.be/pGj3koorgSY

リリース詳細
提供元: PR TIMES