安全認証取得可能でマルチコアにも対応するWind River Helix Virtualization PlatformがインテルSoCをサポート

2022年12月6日 — カリフォルニア州アラメダ発 — インテリジェントシステム向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは、Wind River(R) Helix™ Virtualization Platform(*1)がインテル(R) Xeon(R) D-1700およびD-2700プロセッサと、第11世代インテルCore™プロセッサをサポートしたことを発表しました。

Wind River Studio(*2)の一部であるHelix Virtualization Platformは、異なる安全度水準を複数同時にサポートする、安全認証取得可能なマルチコアとマルチテナント対応のプラットフォームです。次のような様々な業界のユースケース向けに設計されています。

・商用および軍用アビオニクス
・産業機器、医療機器、自動車におけるスペース、重量、消費電力の削減を目的とした汎用オペレーティングシステム(OS)の統合
・最高水準の安全認証規格が求められるアビオニクス(DO-178C)、オートモーティブ(ISO 26262)、インダストリアル(IEC 61508)、その他の同等規格に対応する安全機能ソフトウェアと非安全ソフトウェアの混載など、安全度水準の異なるソフトウェアの統合実行

Helix Virtualization Platformの主な特長
・Type1ハイパーバイザ(リアルタイムOSによるホストを必要とせず、特別なサービスOSも不要)
・先進的なインテルバーチャライゼーション・テクノロジーを活用した64ビットのマルチコアに対応
・シングルコアおよびマルチコアのゲストOS
・32ビットと64ビットの未修正ゲストOSの組み合わせ
・ARINC 653 Application Executive(APEX)に対応
・FACE™ 3.1に適合
・複数のデバイスモデル(エミュレーション、パススルー、シェアード、準仮想化)に対応
・同時稼働数に制限のないゲストOS(Linux、RTOS、ベアメタル)のサポート
・実証済みの障害の分離と隔離

ウインドリバーの最高製品責任者、アビジット・シンハは次のように述べています。「インテリジェントエッジの拡大に伴い、航空宇宙・防衛、自動車、産業機器などの業界は、独自の要件や課題に直面しています。Helix Virtualization Platform がインテルXeon Dおよび第11世代インテルCoreプロセッサをサポートしたことにより、ウインドリバーはアーキテクチャのサポートを拡充し、コンピューティング負荷が高いミッションクリティカルなアプリケーションの厳しい要件に対応します」

インテルの連邦政府・航空宇宙部門、ネットワーク兼エッジ担当ゼネラルマネージャー、トニー・フランクリン氏は次のように述べています。「ミッションクリティカルなマルチコアアプリケーションでは、業界を問わず、進化し続ける規制への準拠から、テクノロジーの陳腐化やアプリケーションのパフォーマンスの不安定性への対処に至るまで、安全性の確保とコンプライアンスの厳守が不可欠です。ウインドリバーとの協業により、必要な安全性とセキュリティ要件を維持するための複雑さを解消し、市場投入までの時間を短縮することができます。これは、エンドユーザのイノベーションを実現し、ミッションを成功に導くというインテルの取り組みをさらに後押しするものです」

企業は、最も厳格なセーフティクリティカルなアプリケーションで実証されたウインドリバーのテクノロジーにより、EN 50128、IEC 61508、ISO 26262、DO-178C、ED-12Cなどの厳しい安全認証要件に容易かつコスト効率よく対応することができます。

100機種以上の民間航空機および軍用機において、800件以上の安全性が要求されるプログラムで採用され、400社以上の顧客によって実証されたテクノロジーにより、ウインドリバーは航空宇宙・防衛業界のソフトウェア定義システムへの移行を推進しています。

Helix Virtualization Platformは、ミッションクリティカルなインテリジェントシステムの開発、デプロイ、運用、サービスを行うクラウドネイティブプラットフォームであるWind River Studioの一部です。

インテルXeon Dプロセッサは、エッジでの組込みおよび堅牢なアプリケーション向けに、サーバークラスのコンピューティングや、ハードウェアベースのセキュリティ、高I/O帯域幅を提供します。ハードリアルタイムのワークロードや極端な動作温度範囲をサポートしているため、航空宇宙・防衛や産業機器業界などの要件の非常に厳しいアプリケーションに適しています。

IoT市場向けに設計された第11世代インテルCoreプロセッサは、低消費電力プラットフォームでパフォーマンスと応答性のバランスを実現します。低レイテンシとタイムセンシティブなアプリケーションに対応可能で、AIやディープラーニングのアプリケーションを含む複数のワークロードを単一のプラットフォーム上で実行する性能を備えています。

Wind River Helix Virtualization Platformおよびその他のWind River Studioテクノロジーの詳細については、ウインドリバーにお問い合わせください。

お問い合わせ先
https://www.windriver.com/japan/contact

ウインドリバーについて
ウインドリバーは、インテリジェントシステム向けのソフトウェアを提供する世界的なリーダーです。そのテクノロジーは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、数十億を超える製品に使用されています。ウインドリバーは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、および幅広いエコシステムパートナーによってサポートされる包括的なポートフォリオを提供します。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準のセキュリティ、安全性、信頼性を実現しながら、高いコンピューティング能力が要求されるミッションクリティカルなインテリジェントシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。ウインドリバーの詳細については、以下をご覧ください。
https://www.windriver.com/japan
画像

*1:https://www.windriver.com/japan/products/helix
*2:https://www.windriver.com/japan/studio

# # # 

Wind Riverは、Wind River Systems, Inc.およびその関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。 

※本プレスリリースは2022年12月6日に発表したプレスリリースの抄訳です。    
https://www.windriver.com/news/press/news-20221206

リリース詳細
提供元: PR TIMES