FAMOBIとACCESS、車載向けゲーム体験の提供で提携

-「ACCESS Twine(TM) for Car」を活用し、最新IVI技術による高品質なコンテンツ配信を自動車メーカーへ提供-

ACCESS Europe GmbH(本社:ドイツ・オーバーハウゼン、最高経営責任者:青野 政博、以下、ACCESS Europe)は、車載エンターテインメントのさらなるコンテンツ拡充を目指し、HTML5ゲームの大手デベロッパー兼パブリッシャーであるFamobi GmbH(本社:ドイツ・ケルン、以下、Famobi)との提携を発表しました。本協業により自動車メーカー(OEM)は、ACCESSの車載向けプラットフォーム「ACCESS Twine(TM) for Car(以下、Twine4Car)」を通じて、ソリティア、麻雀、バブルシューターといった 100タイトルを超える豊富なゲームコンテンツを配信することが可能になります。

画像1

「ACCESS Twine™ for Car」を活用した最新IVI技術による高品質なコンテンツ配信を提供

ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO) 青野 政博は、
「Famobiとの協業により、自動車メーカーは豊富なゲームライブラリーを通じて唯一無二の体験を顧客に提供することが出来るようになります。当社はこうした自動車メーカーの取り組みに貢献できることを大変嬉しく思います。休憩中や自動車の充電中等にリラックスするには、簡単な操作で気軽に楽しめるカジュアルゲームが最適です。業界最高水準の品質と豊富なラインナップのゲームコンテンツを提供するFamobiとの協業は、ゲームを車載エンターテインメントの必須アイテムとして定着させるための大きな一歩となるものと確信しています」と述べています。

FamobiはHTML5ゲームのパイオニアであり、HTML5およびAPKのフォーマットで提供することで自動車メーカーに柔軟な選択肢を提供しています。Famobiは継続的なイノベーションにより、レスポンシブ性の高いゲームや、テキストなしのシンプルなゲーム、3D を駆使した ゲーム、定番のゲーム等をいち早くHTML5で制作してきた企業です。ACCESSとの協業により、Famobiは自動車分野での事業展開の拡大を図ることができます。

Famobi 最高経営責任者(CEO) Ilker Aydin氏は、
「車載エンターテインメント市場が立ち上がる中、自動車メーカーがオーディオを超えたサービスを提供するためには、車載ゲームのユーザーエクスペリエンス(UX)が重要な要素となります。当社の幅広いHTML5ゲームセレクションとACCESSの『Twine4Car』プラットフォームの組み合わせにより、自動車メーカーは車載体験の1つとしてゲームを迅速かつ容易に導入し、継続的に更新されるカタログを提供することが可能になり、顧客満足度を向上させることができます」と述べています。

「Twine4Car」と「Twine App Store」はAPK と HTML5 ベースのアプリの両方がサポートされるため、アプリ開発者はこれらを使用することで、成長する車載エンターテインメント業界にリーチを広げ、最小限の労力で迅速かつ効率的にサービスを提供することが出来るようになります。 ACCESSの革新的な「Twine4Car」システムは、自動車メーカーの自社ブランドのインターフェースを介して最新のIVI(In-Vehicle Infotainment)技術とプレミアムコンテンツを提供する、初のコンテンツアグリゲーションプラットフォームです。Famobiとの協業は、自動車メーカーと自動車オーナーに最も幅広いサービスの選択肢を提供するというACCESSのビジョンに基づいています。

次世代IVIプラットフォームの導入が進むにつれて、自動車メーカーは単なるオーディオサービスやナビゲーション以上のものを必要としています。動画サービスはライセンスや認証が難しいため、今後ファミリー層や車の充電中に寛ぎたいドライバーにとってゲームは欠かせないものになると見込まれています。「Twine4Car」は、すべての車載サービスのセントラルハブとして機能し、世界中のメディアパートナーのコンテンツを集約して、幅広いアプリ、テレビサービス、VOD(Video On Demand)を自動車メーカーに提供します。Androidベース、Linuxベース、QNXベースのシステムといったあらゆるOS上で動作する柔軟なソリューションであり、DRM(デジタル著作権管理)への全面的なサポートによりプレミアム動画サービスの提供を可能にします。

「Twine4Car」のその他機能は以下のとおりです。

「Twine App Store」

専用のハイブリッド車載アプリストア(HTML5およびネイティブ)であり、自動車メーカーは自社ブランドの車載プラットフォームでドライバーや同乗者に幅広いアプリを提供することができます。

Androidネイティブアプリのサポート

ネイティブアプリのシームレスな統合を可能にし、自動車メーカーの自社ブランドのIVIインターフェースにおいて没入感のあるUXを実現します。これにより自動車メーカーは、サービスを全面的に管理することができ、ネイティブアプリでも、組み込み型サービスまたはAPIベースのサービスでも、理想的なUXを実現することができます。

同期再生

複数のデバイスで同期再生ができるため、ユーザーは同乗者と同時にそれぞれのスクリーンでコンテンツを楽しむことができます。

ペアレンタルコントロール/リモートコントロール

「Twine4Car」により、車内のどのスクリーンからでもコンテンツを管理できるほか、保護者は子どもが視聴するコンテンツの種類や視聴時間について管理することができます。

■Famobiについて
Famobiを支えるチームは、熱意にあふれるカジュアルゲーム業界のベテランで構成されており、誰もがHTML5ゲームについて考えるよりずっと前に、10年以上にわたり仕事を共にしてきました。その始まりは、フラッシュゲームがカジュアルゲーム分野の花形だった2000年代初頭にさかのぼります。同社のチームは、業界最大手のKaiserGamesに匹敵するフラッシュゲームのネットワークを確立していました。同社はカジュアルゲームにおいて15年以上にわたる経験を有し、人々が何をプレイしたいかを理解しています。ソリティアや麻雀のほか、フラッシュゲームの時代に驚異的な成功を収めたバブルシューターといった名作ゲームをいち早くHTML5で手掛けています。
https://famobi.com/
画像2

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証プライム:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび500社を超える企業への採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組み込みとクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/
画像3

※ACCESS、ACCESSロゴ、ACCESS Twineは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES