サイバーセキュリティクラウドが提供する『Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF』にて「AWS ISV Accelerate プログラム」認定を取得

~サイバーセキュリティサービスとしては日本初~

ハッカー対策サービスを展開するグローバルセキュリティメーカーの株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 CEO:小池敏弘、以下「当社」)は、当社が提供するサービス『Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF(以下「マネージドルール」)』が、アマゾン ウェブ サービス(以下「AWS」)のAWSパートナーネットワークにおいて「AWS ISV Accelerate プログラム」の認定サービスとなりましたことをお知らせします。

 この度、グローバル展開を更に強化する施策の第3弾として「AWS ISV Accelerate プログラム」認定を取得し、これまで以上にAWSでのビジネス推進やグローバル規模でのサービス拡大が可能となりました。また、当該認定の取得についてはサイバーセキュリティサービスでは日本初となります。

 今後とも当社は数少ない日本発のサイバーセキュリティサービスのグローバルメーカーとして、AWSの協力の下、積極的なプロモーションの実施により更なるユーザ数の増加を目指して参ります。

■ 「AWS ISV Accelerate プログラム」とは
https://aws.amazon.com/jp/partners/programs/isv-accelerate/

■ 『Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF』とは?
 『マネージドルール』は、当社が独自に作成する厳選されたAWS WAF用のルールセットです。OWASP Top 10 Web アプリケーションの脅威リストに含まれる脆弱性を軽減させる包括的なルールセットで、WebアプリケーションやAPIなどを簡易的にサイバー攻撃の脅威から保護することが可能です。更に世界有数のサイバー脅威インテリジェンス情報を持つ当社のサイバー脅威情報監視チーム“Cyhorus(サイホルス)”が最新の脅威にもいち早く対応し、セキュアな環境を素早く構築することが可能です。

 また、マネージドルールはグローバルなオンラインプラットフォーム:AWS Marketplace経由のみで販売が完結可能な為、各国で人材への投資をすることなく世界中のユーザに届けることが可能です。尚、2022年9月末時点では累計90以上の国と地域に展開しており、グローバル全体でのユーザ数は3,000以上となっております。

■ 株式会社サイバーセキュリティクラウドについて
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル13階
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小池敏弘
設立:2010年8月
URL:https://www.cscloud.co.jp

 サイバーセキュリティクラウドは「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、Webアプリケーションのセキュリティサービス、及び脆弱性情報収集・管理ツールといったハッカー対策サービスを提供しています。これからも私たちは、WAFを中心としたサイバーセキュリティにおけるグローバルリーディングカンパニーの1つとして、情報革命の推進に貢献してまいります。

主な展開サービス:

クラウド型WAF『攻撃遮断くん』:https://www.shadan-kun.com
パブリッククラウドWAFの自動運用サービス『WafCharm』:https://www.wafcharm.com
厳選されたAWS WAF用のルールセット『Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF』:https://aws.amazon.com/marketplace/seller-profile?id=baeac351-6b7c-429d-bb20-7709f11783b2
脆弱性情報収集・管理サービス『SIDfm』:https://sid-fm.com

リリース詳細
提供元: PR TIMES