ユニファイド・エンドポイント管理市場の2021年度の売上金額は331億5,000万円、前年度比19.4%増【ITR調査報告】

株式会社データリソースは、ITR(アイ・ティ・アール)の「ITR Market View:ユニファイド・エンドポイント管理市場2022」調査レポートを2022年9月21日に販売開始しました。報告によると、予測しています。

調査ハイライト
ユニファイド・エンドポイント管理市場の2021年度の売上金額は331億5,000万円、前年度比19.4%増となりました。市場を構成するほぼ全てのベンダーの売上げが増加しましたが、なかでもトップベンダーと3番手のベンダーによる2桁の伸びが市場を牽引しました。2022年度も同様の傾向が見込まれ、同23.3%増を予測しています。

今日では業務でのモバイル端末利用が広く定着しており、今後も定期的に端末を更新しながら継続利用されることが期待でき、ユニファイド・エンドポイント管理市場を下支えすると予想されます。また、Windows環境を主としたノートPCに対応し、管理可能デバイスが拡大したことで、今後もユニファイド・エンドポイント製品・サービスの新規導入や追加導入が期待されます。加えて、介護や看護の現場、建設現場、工事現場など、モバイル端末の現場利用も広がりつつあるなど、ユニファイド・エンドポイント製品・サービスの適用範囲が拡大傾向にあることも市場の成長に寄与しています。反面、半導体不足や物価高の影響によるモバイル端末の新規導入や更新の遅れが、ユニファイド・エンドポイント管理製品・サービス導入の阻害要因となっています。

こうしたことから、同市場のCAGR(2021~2026年度)は10.9%、2024年度には500億円規模になると予測しています。

レポートのポイント
◇ セキュア・ゲートウェイ/ブラウザ市場:2021年度から2022年度にかけて2番手と3番手のベンダーがシェアを拡大するも、順位に変動なし
◇ モバイルコンテンツ管理市場:2021年度は市場の伸びは低調だったものの、2022年度は2桁成長の予測
◇ リモートデスクトップ/リモートコントロール市場:2021年度、2022年度ともに1桁増の緩やかな成長にとどまる
◇ IoTデバイス管理市場:規模はまだ小さいものの、多くのベンダーが2桁以上の伸びで市場は着実に成長
※特に記載のない場合、全て売上金額ベース

■レポートの詳細
ITR Market View:ユニファイド・エンドポイント管理市場2022
https://www.dri.co.jp/auto/report/itr/itruep.html

■調査会社について
ITR(アイ・ティ・アール)
https://www.dri.co.jp/auto/report/itr/itrmvdbmsbi.html

株式会社データリソースは、ITR(アイ・ティ・アール)の
日本における正規販売代理店として調査レポートの販売を行っています。

■ プレスリリースに関するお問合せ
ITR(アイ・ティ・アール)正規販売代理店
株式会社データリソース
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Eメール:office@dri.co.jp
HP: https://www.dri.co.jp

リリース詳細
提供元: ドリームニュース