<DevSecOps入門>アジャイル開発におけるセキュリティ パターン・ランゲージに関するウェビナーを9/14に開催【脆弱性管理クラウド「yamory」】

ウェビナーURL:https://seminar.yamory.io/devsecops-security-in-agile-software-development/

Visionalグループが運営する、脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」(https://yamory.io/ 以下、yamory)は、2022年9月14日(水)11時より「<DevSecOps入門>アジャイル開発におけるセキュリティ パターン・ランゲージ」に関するウェビナーを開催します。
ウェビナーURL:https://seminar.yamory.io/devsecops-security-in-agile-software-development/

画像

昨今注目が集まるDevSecOpsによるセキュリティ対策

近年、DXの加速に伴い、従来のウォーターフォール開発からアジャイル開発への移行が進んでいます。開発プロセスの最後にセキュリティテストを実施する従来の方法では、セキュリティの担保が難しくなっています。そのため、DevOpsにセキュリティの考えを取り入れたDevSecOpsによって、アジャイル開発がもたらすスピード感と、セキュリティの担保を両立する必要があります。

今回のウェビナーでは、DevSecOpsを成功させるための4つのポイントを紹介し、実際にどのタイミングにどのような施策を行う必要があるのか、今年の7月にISOG-J(日本セキュリティオペレーション事業者協議会)が公開した「アジャイル開発におけるセキュリティ | パターン・ランゲージ」(※)をもとに解説します。
セキュリティ教育からセキュリティ要件の決め方、リスク判断方法、セキュリティツールの選定基準など幅広い内容をお伝えします。

https://github.com/OWASP/www-chapter-japan/blob/master/skillmap_project/Security%20in%20Agile%20Software%20Development.md

開催概要

・開催日:9月14日(水)11:00-12:00
※終了時間は、内容により前後する可能性がございます。
・参加料:無料
・視聴方法:Zoomでのオンライン配信
・申込みURL:https://seminar.yamory.io/devsecops-security-in-agile-software-development/
・アジェンダ:
‐ 「アジャイル開発におけるセキュリティ | パターン・ランゲージ 」の解説
‐ yamoryを活用したDevSecOpsの導入方法
‐ Q&A

このような方におすすめです

・ DevSecOpsをこれから始めたい方
・セキュリティと開発運用の両立したアジャイル開発に興味のある方
・情報システム部、開発部担当、セキュリティのご担当者

参加特典

ご参加いただいた方々にyamoryの14日間無料トライアルのご提供

登壇者プロフィール

yamory事業部 セキュリティチームリーダー 芳澤 正俊
2016年ソニー株式会社に入社、セキュリティ支援・教育業務、OSSの脆弱性管理業務などに従事。2020年yamoryにセキュリティエンジニアとして入社、脆弱性データベースの構築を担当。2022年OSCP(Offensive Security Certified Professional)合格。現在は、yamoryのセキュリティチームのリーダーとして、提供するサービス品質の向上の施策決定、ブログ執筆などを担当。

【脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」について】
「yamory」は、ITシステムの脆弱性を自動で検知し、管理・対策ができるクラウドサービスです。ソフトウェアの脆弱性管理に加え、セキュリティ診断やクラウド設定管理(CSPM)を提供することで、ITシステムに必要な脆弱性対策をオールインワンで実現します。複雑化するITシステムの網羅的な脆弱性対策を効率化し、安心してテクノロジーを活用できる世界を目指し、社会のDX加速を支えます。
URL:https://yamory.io/
Twitter:https://twitter.com/yamory_sec
運営会社:株式会社アシュアード

【Visionalについて】
「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指す。また、M&A、物流Tech、サイバーセキュリティ、SalesTechの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。
URL:https://www.visional.inc/ja/index.html

リリース詳細
提供元: PR TIMES