メタバース空間向け3Dアバタープラットフォーム開発の株式会社DENDOH、サービス公開に先立ち、デジタルファッションの出品を行うパートナー企業の募集を開始。

アバターで着せ替えのできるデジタルファッションまたはデジタルアイテムを作成してプラットフォームに出品します。出品物はメタバース空間上で利用可能。

株式会社DENDOH(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 押田大輝)は、メタバース用アバター作成プラットフォーム『molz(モルツ)』のβ版公開に先立ち、アバターに着せ替え可能なデジタルファッションを作成して出品するパートナー企業の募集を開始しました。β版の公開は2022年冬ごろを予定しております。

画像1

今冬リリースのアバター作成プラットフォーム『molz(モルツ)』について

『molz(モルツ)』は、メタバースで利用できるアバターをノーコードで作成できるサービスです。作成したアバターの服の着せ替えなど自分好みにカスタマイズすることが可能です。

画像2

■サービスの特徴
・UnityやBlender等の専門知識がなくても簡単に3Dアバターを制作できる
・アバターは、対応する複数のメタバース空間で横断的に利用可能
・幅広い世代に支持されるデフォルメデザインのアバターを作成できる

パートナー企業募集概要

サービスリリース時にパートナー企業としてメタバースを活用した施策を協業できる企業様を募集しております。
【企業様向け資料】
https://docs.google.com/presentation/d/1sTTpbPGG7BQgfgwIQzzXO3MUjH1baFS0SFcRcAYiISc/edit?usp=sharing

【協業のお問い合わせはこちらから】
URL: https://forms.gle/nzciq4fUE2CopjAi7

■対象となる企業様
メタバースの活用を積極的に考えており、弊社との協業を検討できる企業様を募集します

■協業してできること
弊社サービス『molz(モルツ)』上でアバターに着せ替えできる企業・ブランドのオリジナルファッション・アイテムを作成してユーザー向けに出品します。

株式会社DENDOHについて

DENDOHは「- Post Homo sapiens - アバターで人類をアップデートする」をミッションに、3Dアバターとそのテクノロジーに特化したエンタメスタートアップ企業です。「狂しいほど可愛いアバターで世界を満たす」ことをビジョンにメタバース空間で利用できる3Dデフォルメアバターをだれでもかんたんに作成できるサービスを提供しています。

画像3

会社名:株式会社DENDOH
代表者:押田大輝
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー27階
URL:https://dendoh.co.jp
事業内容:メタバース空間用アバター作成サービス

採択実績

▶経産省が進めるコンテンツ海外展開促進事業の「TechBiz2022」に採択
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000059392.html

▶東京都主催のスタートアップ支援プログラム「ASACアクセラレーションプログラム」に採択
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059392.html

本リリースに関するお問い合わせ

DENDOHに関するお問い合わせは、下記URLよりお願いいたします。
URL: https://forms.gle/nzciq4fUE2CopjAi7

リリース詳細
提供元: PR TIMES