NVIDIA、新しい USD コネクタとツール、シミュレーション テクノロジ、開発者フレームワークを備えた Omniverse のメジャー リリースを発表

Avatar Cloud Engine、DeepSearch AI 3D 検索エンジン、スパース ボリューム データ用の NeuralVDB AI アップグレード、科学的なデジタル ツイン用の NVIDIA Modulus への接続、PhysX、MDL などのアップデートを公開

画像

2022 年 8 月 9 日、カリフォルニア州サンタクララ —SIGGRAPH-NVIDIA は本日、Universal Scene Description (USD) に基づきメタバース ワールドを構築および接続するためのプラットフォームである NVIDIA Omniverse™ 用の新しい一連の開発者フレームワーク、ツール、アプリ、およびプラグインを発表しました。

Omniverse の拡張には、アーティスト、開発者、エンジニアが仮想世界とコンテンツをこれまでになく簡単に構築するための AI を活用したツールが含まれ、PTC Creo、SideFX Houdini、Siemens Xcelerator プラットフォームのソリューションなどの今日の主要な 3D アプリケーションにシームレスに接続する機能を特徴としています。

仮想世界を構築するためのマルチ GPU スケーラブル コンピューティング プラットフォームである Omniverse は、建築(https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/architecture-engineering-construction/ )およびプロダクト デザインを強化し、視覚効果ワークフロー(https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/media-entertainment/ )を簡素化し、工場、都市、および地球のデジタル ツイン(https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/solutions/digital-twins/ )を構築するために、世界中の約 700 社の大手企業によってすでに使用されています。

NVIDIA の Omniverse およびシミュレーション テクノロジ担当 バイス プレジデントであるレブ レバレディアン (Rev Lebaredian) は次のように語っています。「メタバースは、組織には無視できないことがわかっている数兆ドル規模の機会ですが、多くの人は、メタバースとの関わり方について明確な道筋を見つけるのに苦労しています。NVIDIA Omniverse は、物理世界と仮想世界の間のギャップを縮めます。これらの新しいツール、テクノロジ、およびコラボレーションにより、今日の 3D インターネットへの飛躍が可能になります。」

新しいアプリケーションとフレームワーク

NVIDIA Omniverse Avatar Cloud Engine (https://nvidianews.nvidia.com/news/virtual-assistants-and-digital-humans-on-pace-to-ace-turing-test-with-new-nvidia-omniverse-avatar-cloud-engine ) (リアルな仮想アシスタントとデジタル ヒューマンを構築および展開するためのクラウドネイティブな AI モデルとサービスのスイート) の発表に加えて、以下のプラットフォームのアップデートを公開しました。

●Omniverse Kit — ネイティブのOmniverse拡張機能とアプリケーションを構築するためのツールキット :
・Omniverse の PhysX(R) の主要なアップデート。リアルタイムのマルチ GPU スケーラブルなソフト ボディとパーティクル クロスのシミュレーションが含まれ、仮想世界とオブジェクトの物理的精度を高めるのに役立ちます。
・新しい OmniLive ワークフロー。Omniverse での USD ベースのコラボレーションを見直し、複数のアプリの 3D ワークフローの速度とパフォーマンスが向上、非破壊的な USD ワークフローが可能になり、アーティストと開発者間のコラボレーションがこれまでになく簡単になります。
●Omniverse Audio2Face (https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/apps/audio2face/ ) — 音声ファイルから直接フェイシャル アニメーションを作成できる AI ツールです。リアルな感情を推測して生成し、すべての顔の特徴をアニメーション化する新しい機能により、AI を活用したアニメーションに大きな飛躍をもたらします。
●Omniverse Machinima (https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/apps/machinima/ )— 3D シネマティクスとアニメーション フィルムを簡単に構築するためのアプリです。『Post Scriptum』、『Beyond the Wire』、『Shadow Warrior 3』 のゲームから何百もの新しい 3D アセットが無料で提供されます。さらに、音声ファイルからリアルな腕と体の動きを生成する AI である Audio2Gesture などの新しい AI アニメーション ツールのスイートが加わりました。
●Omniverse DeepSearch — Omniverse Enterprise (https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/enterprise/ ) のお客様が利用できるようになりました。DeepSearch は、チームが AI を使用して、「赤く、さびたドラム缶」などの自然言語を使用して、大規模なタグ付けされていない 3D ビジュアル アセット データベースを直感的かつ正確に検索できるようにします。DeepSearch は、検索するのに大きな課題のある数十万のタグ付けされていないアセットを持つゲーム開発者や VFX スタジオ向けの画期的なツールです。受賞歴のあるスタジオ Industrial Light & Magic (https://blogs.nvidia.com/blog/2022/08/09/ilm-omniverse-deepsearch/ ) は、DeepSearch を活用して、数十万の環境アセットからなる、増え続けるライブラリを解放しています。

さらに、物理機械学習フレームワークである NVIDIA Modulus が、Omniverse Extension(https://developer.nvidia.com/blog/visualizing-interactive-simulations-with-omniverse-extension-for-nvidia-modulus/ ) として新たに利用可能になりました。ほぼリアルタイムのパフォーマンスを提供する、Modulus でトレーニングされた物理 ML モデルは、アプリケーションによっては 4,000 倍(https://blogs.nvidia.com/blog/2022/03/22/siemens-gamesa-wind-farms-digital-twins/ )さらには 10 万倍高速であり、高忠実度のシミュレーションに近い前例のない精度を提供します。Modulus は、NVIDIA の Earth-2(https://blogs.nvidia.co.jp/2021/11/18/earth-2-supercomputer/ ) を含む科学的なデジタル ツインの基礎の 1 つとなっています。

USD Connector を使用したメタバースの構築

NVIDIA は、産業、設計、シミュレーション、CAD ソフトウェア エコシステムのパートナーとの共同作業の一環として、USD ベースのプラグインである 11 の新しいOmniverse Connector (https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/#apps-connectors )も発表し、産業および科学コミュニティの企業に Omniverse ワークフローをさらに開放しました。これらにより、Omniverse USD エコシステムへのConnector の総数は 112 になります。

ベータ版で新たに利用可能になったのは、PTC Creo、Visual Components、SideFX Houdini 用の Connector です。NVIDIA は、Blender、Autodesk Alias、Autodesk Civil 3D、Siemens JT、SimScale、Open Geospatial Consortium 向けの Connector の継続的な開発を発表しました。これにより、製造、エンジニアリング、設計会社のメタバース ワークフローがさらに解き放たれます。

NVIDIA はまた、メタバースの世界でマテリアル、物理、ライトを表すコア シミュレーション テクノロジのメジャー アップデートをリリースしました。

・NVIDIA MDL – NVIDIA MDL (https://developer.nvidia.com/mdl-sdk ) は 3D マテリアルを物理的に正確に表現するためのマテリアル標準として 10 年間役割をはたしてきました。現在は完全にオープンソースになり、開発者はあらゆるレンダラーにマテリアル定義言語のサポートを提供できるようになりました。
・NeuralVDB – 間もなくベータ版が公開される NeuralVDB (https://developer.nvidia.com/neuralvdb ) は、OpenVDB の次の進化形であり、AI と GPU 最適化をスパース ボリューム データセットにもたらし、これらの大規模なデータセットのメモリ使用量を最大 100 分の 1 に削減します。

NVIDIA Omniverse(https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/ ) の詳細を確認し、SIGGRAPH の特別講演(https://www.nvidia.com/ja-jp/events/siggraph/ )をご覧ください。

NVIDIA について

1999 年における NVIDIA (NASDAQ: NVDA) による GPU の発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックス、ハイパフォーマンス コンピューティング、そして人工知能 (AI) を再定義しました。NVIDIA のアクセラレーテッド コンピューティングと AI における先駆的な取り組みは、輸送、ヘルスケア、製造業などの数兆ドル規模の産業を再構築し、その他のさまざまな産業の拡大も加速させています。詳細は、こちらのリンクから:https://nvidianews.nvidia.com/

リリース詳細
提供元: PR TIMES