クラウドリスク評価「Assured(アシュアード)」をメルカリが導入

~改正個人情報保護法の対応効率化にも活用~

Visionalグループのビジョナル・インキュベーション株式会社(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長 村田 聡)は、運営するクラウドリスク評価「Assured(アシュアード)」(https://assured.jp/ja/ 以下、Assured)が株式会社メルカリ(所在地:東京都港区/代表取締役 CEO 山田 進太郎)に導入されたことをお知らせします。
社内で増加するクラウド利用の安全かつ迅速な推進、また、2022年4月に施行された改正個人情報保護法に伴う対応への活用も踏まえて、Assuredにご期待いただきました。

今回の導入背景やAssuredに期待することを、株式会社メルカリ FinTech Security Team 尻無浜 優様に伺いました。

この度はAssuredをご導入いただき誠にありがとうございます。まず、Assured導入に至った貴社の背景をお聞かせください。

尻無浜氏:

画像1

株式会社メルカリは「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションに掲げ、フリマアプリ「メルカリ」やスマホ決済サービス「メルペイ」を運営しています。
メルカリの月間利用者数は2,000万人を超え、多くのお客様にご利用いただくサービスに成長を続けていると共に、会社としても2,000人を超える組織となっています。
そのなか、組織の拡大に伴い社内におけるSaaS/ASPの利用が増加し、リスク管理の重要性が高まっていました。

更に、2022年4月に施行された改正個人情報保護法への対応を確実に行いたい・効率化したいといったこともAssuredを導入する大きなきっかけとなりました。

今回の改正個人情報保護法については、多くの企業様が対応に追われていた印象です。海外サーバーへのデータ保存に関してなど、自社が利用するクラウドサービスの状況を定期的に確認する必要がありました。

尻無浜氏:
メルカリでは、海外製品も含めて多くのクラウドサービスを社内で利用しているため、それらのクラウドの法令対応について定期的に調査をする必要がありました。
今回の法令対応だけでなく、常に変化し成長するクラウド市場において、そのトレンドを意識しながらリスク評価・管理を適切に行なっていこうとすると、その対応コストも次第に負荷が重くなってくることが予想されます。将来を見据えて、今のうちにクラウドリスク評価を効率的に行う仕組みを構築しておく必要があると感じていました。

御社にはIT人材が多くいらっしゃる印象ですが、そのなかでもセキュリティ人材の方々の業務負荷についてはいかがでしょうか?

尻無浜氏:
事業領域の多角化が進むなか、セキュリティ人材のリソースを適切にアサインするうえでは、より業務の生産性向上を図る必要があります。先に述べたように、社内のクラウド利用が加速する一方で、セキュリティ担当者の対応業務量も増えるため、これらを効率化していきたいという想いがありました。

そのなか、Assuredを選んでいただいた理由を教えて下さい。

尻無浜氏:
まず1つ目は、中立的なクラウドリスク評価情報を取得できる点です。
セキュリティの専門知識を持つ有資格者が第三者の中立的な視点で評価した情報を元にクラウド利用の判断が出来るため安心して社内のクラウド利用を促進出来ると感じました。

2つ目は、最新の法令対応にも活用できる点です。
Assured独自のセキュリティチェックのフォーマットが、日々変化するセキュリティのトレンドを踏まえて常に最新化され、こちらからの意見にも柔軟に対応してもらえるため、自社でフォーマットをアップデートする必要が無く、最新の法令対応に常に備えることが出来る点にメリットを感じました。

3つ目は、セキュリティ業務の工数削減につながる点です。
これまでは、クラウド利用の増加に伴い、日々のクラウドセキュリティチェック依頼や定期監査の対応コストが肥大化し、社内のセキュリティ担当者の業務工数も逼迫していました。
Assuredを導入することで、Assuredのデータベース上の評価結果を見ることでクラウド利用可否を効率的に判断できるため、情報取得や評価に掛かる時間を短縮でき、定期的な監査コストの削減にも期待しています。

そのように評価いただけて大変光栄です。これからも、御社が安心・安全にクラウドを利用いただけるよう、サービス向上に努めてまいります。

【クラウドリスク評価「Assured(アシュアード)」について】
Assuredは、国内外のクラウドリスク評価情報を一元化したデータベースです。セキュリティの専門資格を保有するリスク評価チームが、主要なセキュリティガイドラインやフレームワークに基づき調査した最新のセキュリティリスク評価情報を提供します。これにより、各社が独自で行ってきたクラウドリスク評価業務を効率化し、企業の安全なクラウド活用を実現します。
https://assured.jp/ja/

画像2

【ビジョナル・インキュベーション株式会社について】
「新しい可能性を、次々と。」をミッションとするVisionalグループの新規事業開発を担う。脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」、クラウド活用と生産性向上の専門サイト 「BizHint(ビズヒント)」、クラウドリスク評価「Assured(アシュアード)」を運営。2020年2月、グループ経営体制への移行にともない、株式会社ビズリーチの新規事業開発組織を分社化し新設。
https://visional.inc/visional-incubation/

【Visionalについて】
「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指す。また、M&A、物流Tech、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。
URL:https://www.visional.inc/ja/index.html

リリース詳細
提供元: PR TIMES