「第5回 自治体・公共Week」に出展 ~地域のまちづくりを支えるゼンリンのマップソリューションを紹介~

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:高山善司、以下ゼンリン)は、2022年6月29日(水)~7月1日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで行われる自治体・公共向けの総合展「第5回自治体・公共Week」に出展します。
 本イベントにおいてゼンリンは、「地域のまちづくりを支えるゼンリンのマップソリューション~自治体DXに役立つ「地図情報」の活用~」をテーマに、Web上で最新の住宅地図データを利用できる自治体向けサービス「自治体専用 住宅地図 for Web」を初出展するほか、自治体、自治体向けサービスを提供する企業や地方創生・スマートシティ等に取り組む企業、及び教育現場に向けたソリューションについて紹介します。
画像1

■出展コンセプト/内容
1.自治体DX「住宅地図のデジタル化で自治体DXの推進を支援」
防災・減災「安心・安全なまちづくりへの取り組みと地域・家庭・学校での防災力を高める取り組み」
自治体、自治体向けサービスを提供する企業(建設コンサルティング、ゼネコン、ITベンダー等)、及び教育現場に向けて、デジタル化の推進を支援するソリューションや、地域の防災・減災に貢献する商品・サービスを紹介します。
画像2

~その他出展ソリューション~
・ハザードマップ:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/planningmap/hazardmap/index.html
・ゼンリン自主防災マップ:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/planningmap/autonomy-disastermap/index.html
・災害時支援協定:
https://www.zenrin.co.jp/disaster_support/index.html

2.スマートシティ/MaaS「地図から見えてくる、新しいまちのデザイン」
地域のヒトやモノの位置情報を収集・分析・可視化する位置情報プラットフォームの構想や、「人の行動」を喚起することにより地域活性化へつなげることを目指す、スマートフォン向け観光型MaaSアプリ「STLOCAL(ストローカル)」など、地域課題の解決や移動の最適化を実現するソリューションを紹介します。

画像3

画像4

~出展ソリューション~
・ゼンリンのモビリティ支援プラットフォームについて:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/technology/drone/index.html
・ゼンリンのMaaSへの取り組み:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/iot/maas/index.html
・観光情報Webサイト「STLOCAL(ストローカル)」:
https://stlocal.net/
・観光型MaaSアプリ「STLOCAL(ストローカル)」:
https://stlocal.net/app-stlocal/

■イベント概要
名称:第5回 自治体・公共Week:https://www.publicweek.jp/ja-jp.html
日時:2022年6月29日(水)~7月1日(金) 10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト
ゼンリンブース位置:東6ホール
入場料:事前申し込みによる招待券持参で、入場無料。
URL:https://regist.reedexpo.co.jp/expo/LIVE/?lg=jp&tp=inv&ec=SOUSEI&inv=web_header

リリース詳細
提供元: PR TIMES