『Swapsss株式会社』が中小企業庁が実施する令和4年度「JAPANブランド育成支援等事業」の支援パートナーに決定

~ 弊社は、法人取引・海外販路開拓に特化したグローバル展開をサポートします!~

Swapsss株式会社(本社:フランス、代表取締役:馬場 達也、以下弊社)は支援パートナーに選定され、弊社の総括的なビジネスモデルで海外展開やそれを見据えた全国展開のための「JAPANブランド育成支援等事業」を戦略的にサポートします。

画像1

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/42527/table/1_1_859ba9f5d6b58b43679e75fd8a3416dc.jpg ]

中小企業庁による補助事業、海外展開やそれを見据えた全国展開のために、新商品・サービスの開発・改良、ブランディングや、新規販路開拓等の取組を行う場合に、その経費の一部を補助することにより、地域中小企業の域外需要の獲得を図るとともに、地域経済の活性化及び地域中小企業の振興に寄与することを目的として、実施されています。補助額や要件等は下記のようになっています。

◆ 補助額:上限 500万円
※ 1社ごとに500万円上限額を嵩上げし、最大で2,000万円
◆ 補助率:補助対象経費の2/3以内
◆ 要件
1. 海外での販路開拓を目指す事業計画を策定すること
2. 支援パートナーが提供する支援サービスを受けること

JAPANブランド育成支援等事業について
https://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/42527/table/1_2_3da91c6adcfd618f4bc0b3b2904bf82e.jpg ]

中小企業庁が選定した海外販路開拓等のプロフェッショナル事業者である「支援パートナー」の活用をする事が定められています。弊社が支援パートナー企業して認定されております。

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/42527/table/1_3_20bedad958b1a6c66dbdb39bde8fc5b7.jpg ]

弊社は、マーケットプレイス事業、BPO事業、海外進出支援事業、Web事業が連携し総括的にビジネスサポートします。

画像2

[表4: https://prtimes.jp/data/corp/42527/table/1_4_62cd33519d288b665ebd9704e90bf7dc.jpg ]

海外進出する場合、中長期な事業計画や各フェーズに応じて臨機応変に海外戦略、組織形成する事が重要です。
そして、中長期的な契約、新商品のPRや販売促進、売上金額を考えると小売業でも、どうToB取引を実現するか、そして海外事業に精通した経験豊富な人材を採用するのではなく、如何に効率良くアウトソーシングを活用し人件費を抑えるかが重要です。

◆ 海外進出支援事業:https://swapsss.com/service/service_overseas-expansion-support/
市場調査、テストマーケティング、展示会・ポップアップ出展サポート、販路開拓、補助金・助成金の申請サポートなど

◆ BPO事業:https://swapsss.com/service/service_bpo/
多言語、日本と海外の時差を有効活用し、日本時間の深夜・早朝も標準対応。
通訳・翻訳、多言語CS対応、時差のある業務代行、各種書類、資料見積もり作成、データ入力、各種Web運用代行など

◆ Web事業:https://swapsss.com/service/service_web/
海外向けにホームページ・Webサービス制作、運営、保守。
販売チャンネル開設、ホームページを多言語化し、企業ブランドや新商品PRに活用できるWebにアップデートさせます。

◆ マーケットプレイス事業:
卸向け法人取引・海外販路に特化した『Le Marche Paris』運営し1,500を超える世界中のバイヤーに新規販路拡大が狙えます!
Le Marche Parisについて:https://le-marche.jp/
画像3

[表5: https://prtimes.jp/data/corp/42527/table/1_5_84ae6555fa421b44de0ba0159fb4dfc1.jpg ]

– 展示会に出展したけど、その後のサポートがなく中途半端で不完全燃焼…
– 社内に海外事業に精通した人材ないな為に、業務が非効率…
– 多言語や時差のある業務にストレスを感じている…
– 継続した取引、既存の顧客企業に対して新製品のPRが上手く出来ていない…
– ToCの取引が多く、利益率が低く本当は、ToB取引を理想…
– 越境ECサイトを制作したけど、効果的に集客できない…
– 越境ECサイトの運営に係る人件費、広告費、保守費と成約数の費用対効果が悪く改善したい…

[表6: https://prtimes.jp/data/corp/42527/table/1_6_33ed07385a4e0af52429f46a10ff5797.jpg ]

経済縮小、少子高齢化社会、物価上昇、急激な円安など国内市場だけで事業拡大、継続するのは困難な時代となり、今後のキーワードは『海外市場で外貨を稼ぐ』です。
ピンチの時代をチャンスに『JAPANブランド育成支援等事業』を活用して、事業拡大をご検討ください。
弊社は、企業様の思い、ビジョンを使命に支援パートナーとして、そして企業様の海外事業部として全力でサポートします。

リリース詳細
提供元: PR TIMES