CData Software が新製品『CData Connect Cloud』をリリース

~Data Connectivity as a Service としてクラウドBI、iPaaS、ローコード / ノーコードからのSaaS データ接続を実現~

2022年6月14日、CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、クラウドデータコネクティビティをサービスとして提供する『CData Connect Cloud』をリリースしました。複雑なSaaS データへの連携をシンプルにするCData Connect Cloud はGoogle スプレッドシート、Microsoft Excel 365 や、クラウドBI、ローコード / ノーコードツールに100種類を超えるSaaS データに接続する「コネクティビティ」を提供します。

画像1

■企業のデータ活用はコネクティビティからはじまる
今日、データ活用はあらゆるビジネスにとって最優先の課題のひとつです。業務データの収集やデータ分析、システム自動化、システム間連携を含むローコード / ノーコードアプリ利用は、すべて『データにつなぐこと=コネクティビティ』からはじまります。

一方、業務アプリケーションのSaaS へのシフトが加速し、一つの企業で複数の業務SaaS を使うことが当たり前になっています。データは複数のSaaS にサイロ化され、Web API を使いこなすエンジニアでなければデータ活用ができない状況となってしまっています。「市場にはすばらしいBI ツール、データ連携ツール、ローコード / ノーコードツールが多く存在します。」とCData のCEO Amit Sharma は語ります。「しかし、求められているピースはそれらのツールから多様なSaaS に接続するための『コネクティビティ』なのです。」

2016年の創業から、CData はコネクティビティをODBC、JDBC Drivers などのライブラリで提供し、顧客のデスクトップツールやサーバーアプリケーションでのSaaS 接続をサポートしてきました。また、CData Drivers はSalesforce、TIBCO、アステリア、ウイングアーク1st をはじめ150社以上のデータ系のツール提供企業にOEM されており、データコネクティビティのデファクトと言うべき存在になっています。
画像2

■コネクティビティをData Connectivity as a Service としてクラウド提供するCData Connect Cloud
今回、CData では、コネクティビティをData Connectivity as a Service として提供する『CData Connect Cloud』をリリースしました。CData Connect Cloud を使えば、Google スプレッドシートやExcel 365 などのクラウド上のスプレッドシート、Tableau Online、Google データポータル、Amazon QuickSight などのクラウドBI、Power Apps、AppSheet、OutSystems などのローコード / ノーコードツールから100種類以上のSaaS にAPI コーディングなしで接続することが可能になります。データソースはSalesforce、Dynamics 365、NetSuite、Adobe Marketo Engage、Salesforce Marketing Cloud Account Engagement(旧Pardot)、kintone、SharePoint などあらゆる業務SaaS に対応しています。
画像3

■CData Connect Cloud は、インストール不要で2ステップで連携を実現
CData Connect Cloud はクラウドサービスとして提供され、(1)対象となるSaaS への接続(2)データを利用するツール(BI、ローコードツール、スプレッドシート)からConnect Cloud に接続という2ステップだけでSaaS データへの連携が実現できます。ソフトウェアおよびデータベースの環境作成、ツールのインストールが不要なクラウドネイティブなソリューションです。

CData Connect Cloud 製品ページ:https://www.cdata.com/jp/cloud/

利用例:Google スプレッドシートからkintone データをリアルタイム取得
https://www.cdatablog.jp/entry/kintone-connect-googlesheets
画像4

■CData Connect Cloud は対応できるデータソースや利用できるクライアントツールを拡充します
CData Connect Cloud は、接続可能なデータソース(https://www.cdata.com/jp/cloud/connectors/)を拡大していきます。日本固有のSaaS のサポートとして現在はkintone、PCA クラウド商魂・商管DX、スマレジ、Yahoo! JAPAN DATA SOLUTION をサポートしています。今後、サイボウズGaroon、Backlog、Yahoo!ショッピングなどの追加を予定しています。

CData Connect Cloud を利用するクライアントツール(https://www.cdata.com/jp/cloud/clients/)は、初期リリースでは以下となっています。

BI・スプレッドシート:Amazon QuickSight、Excel 365、Excel、Google データポータル、Google スプレッドシート、Power BI、Qlik Sense、Tableau Online、SAP Analytics Cloud、etc.
アプリ開発:AppSheet、Microsoft Power BI、OutSystems、Bubble、Adalo、Salesforce Lightning Connect、etc.

パートナーシップにより拡大を予定しています。ぜひ、クラウドBI、クラウドRPA、iPaaS、ローコード / ノーコードツールで接続を希望されるツールがございましたらCData Software Japan までご相談ください。

<CData Software について:https://www.cdata.com/jp/
CData Software, Inc. は、クラウドデータのコネクタソリューションおよびデータ連携ツールのリーディングベンダーです。250以上のSaaS、NoSQL やアプリケーションデータに標準接続するコネクタとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、各種ツール、クラウドサービス、カスタムアプリケーションからのリアルタイム接続を実現します。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 對馬 陽子
E-mail: press@cdata.co.jp

リリース詳細
提供元: PR TIMES