農業法人サラダボウルが、アスエネのCO2排出量見える化・削減クラウドサービス「アスゼロ」を導入

農業の脱炭素化を通じて、次世代の施設園芸を先導

アスエネ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:西和田 浩平、以下「当社」)は、連携先の農林中央金庫(本社:東京都千代田区、代表理事理事長:奥 和登、以下「農林中金」)とともに、株式会社サラダボウル(山梨県中央市・代表取締役社長:田中 進、以下サラダボウル)へCO2排出量見える化・削減クラウドサービス「アスゼロ」を導入。サラダボウルおよびサプライチェーン全体から排出される温室効果ガスを見える化し、施設園芸の脱炭素化を推進します。

画像1

アスエネ導入の背景と目指す姿

脱炭素へ向けた動きはグローバルに加速しており、特に上場企業においては、財務諸表だけではなく気候関連財務情報(GHG排出量の指標、削減対策、リスク・機会分析など)の開示が求められるようになっています。また、農林水産業などサプライチェーンで大企業と取引のある中小企業にも今後CO2見える化や削減対策が求められています。

サラダボウルは、「農業の新しいカタチを創りたい」との強い想いによって設立された農業法人です。次世代施設園芸に関する豊富なノウハウを保有し、主要生産物のトマトを中心に、全国に6か所の次世代施設園芸を展開しています。

当社と農林中金は2022年1月に連携に合意し、「アスゼロ」の導入を通じた、企業の脱炭素に向けた取り組み支援および農業・食品産業における地球温暖化問題の解決を推進しています。この度、農業法人サラダボウルおよび同社サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量を見える化・削減に取り組むことにより、施設園芸の脱炭素化をさらに加速させていきます。

システム導入で実施・検討するサービス

1. CO2排出量見える化・削減クラウド・SXコンサル「アスゼロ」提供
2. サステナビリティファイナンスや地域脱炭素の融資制度の提供と連携
3. TCFD、CDP、SBTiなどイニシアチブ支援の連携や提供
4. 脱炭素経営支援にむけたPR支援
5. ゼロ・カーボンシティや地域のステークホルダーの行動変容に向けた取り組み

画像2

サラダボウルについて

会社名:株式会社サラダボウル
代表取締役社長:田中 進
設立:2004年
本社:山梨県中央市西花輪3684番地3
WEBサイト:http://www.salad-bowl.jp/#p1

農林中央金庫について

農林中央金庫は、農林水産業者の協同組織を基盤とする全国金融機関として、大正12年に設立しました。以降、JA(農協)、JF(漁協)、JForest(森組)などの協同組合および会員全体に金融の円滑を図り農林水産業の発展に寄与。国民経済の発展における重要な社会的役割を担っています。

組織名:農林中央金庫
代表理事理事長:奥 和登
設立: 1923年
本店住所:東京都千代田区大手町1-2-1
WEBサイト:https://www.nochubank.or.jp/
 

「アスゼロ」について

画像3

「アスゼロ」は、複雑だったCO2排出量算出業務をカンタンにサポートする、CO2排出量見える化・削減クラウドサービスです。温室効果ガス・CO2排出量の算出・可視化、削減・カーボンオフセット、サプライチェーン排出量(Scope1-3)の報告・情報開示を支援します。

<主な特長>
・請求書などをAI-OCRでスキャン、お客さまの業務工数を削減、カンタンにCO2見える化
・システムは誰でもカンタンにつかえるUI/UXデザイン
・CDP認定の気候変動スコアリングパートナーとしての豊富な実績と経験
・CDP・SBT認証・TCFDシナリオ分析・ICPなどのSXコンサル支援が可能
・GHGプロトコルに基づいた各種イニシアチブや省エネ法などの報告資料の作成支援
・CO2クレジットによるオフセットやクリーン電力など、脱炭素ワンストップソリューション提供

サラダボウル 会社概要

会社名:株式会社サラダボウル
代表取締役社長:田中 進
設立:2004年
本社:山梨県中央市西花輪3684番地3
WEBサイト:http://www.salad-bowl.jp/#p1

農林中央金庫 会社概要

農林中央金庫は、農林水産業者の協同組織を基盤とする全国金融機関として、大正12年に設立しました。以降、JA(農協)、JF(漁協)、JForest(森組)などの協同組合および会員全体に金融の円滑を図り農林水産業の発展に寄与。国民経済の発展における重要な社会的役割を担っています。
組織名:農林中央金庫
代表理事理事長:奥 和登
設立: 1923年
本店住所:東京都千代田区大手町1-2-1
WEBサイト:https://www.nochubank.or.jp/

アスエネ 会社概要

会社名:アスエネ株式会社
事業:CO2排出量見える化クラウドサービス「アスゼロ」、クリーン電力サービス「アスエネ」
資本金:19億8,250万円(資本剰余金含む)
代表者:代表取締役CEO 西和田 浩平
株主:経営陣、インキュベイトファンド、環境エネルギー投資、STRIVE
   パビリオンキャピタル、GMO VenturePartners、Axiom Asia Private Capital
創業:2019年10月
住所:東京都港区虎ノ門1丁目17−1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階 CIC TOKYO
URL:https://earthene.com/corporate/

【採用について】
アスエネでは、ミッションである「次世代によりよい世界を」を実現するため、全方位で採用を強化しております。ご興味・ご関心がある方は、ぜひお問い合わせください。

募集職種一覧:エンジニア、PdM、デザイナー、CS、営業、海外事業など
       https://www.wantedly.com/companies/asuene
採用サイト:https://earthene.com/corporate/recruitment
担当・連絡先:大西 正輝 recruit@asuene.com

【アライアンスについて】
アスエネでは、CO2排出量見える化・削減クラウドサービス「アスゼロ」の展開を、一緒にお取り組みいただけるパートナーを募集しております。

協業例:金融機関・地域金融機関、電力会社、商社、投資ファンドなど
問い合わせ先:https://earthene.com/asuzero/contact

システム導入に関するお問い合わせ先:info@asuene.com
報道やご取材についてのお問い合わせ先:press@asuene.com

<注釈補足>
* SX:サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)とは、企業が持続可能性を重視した経営方針へと切り替えること。
* GHG:温室効果ガス、Green House Gasの略。
* GHGプロトコル:Greenhouse Gas(温室効果ガス)の排出量算定と報告の国際・世界基準。
* Scope1-3:以下のとおり、事業者によるCO2排出量の算定・報告対象範囲を区分。
Scope1:自社の事業活動において直接排出したCO2排出量
Scope2:他社から供給された電気、熱・蒸気の使用により発生する間接的なCO2排出量
Scope3:上記以外の事業活動に関わる上流・下流のサプライチェーンのCO2排出量

リリース詳細
提供元: PR TIMES