WEBプッシュ通知で新規ユーザーのカゴ落ちを防止。Shopifyアプリ「PUSHCODE」の提供を開始。

無料プランでも、毎月5,000通までの配信が可能。

EDOCODE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田村鷹正、以下「EDOCODE」)は、Shopifyを利用したECサイトからユーザーのブラウザに直接メッセージを届けることのできるWEBプッシュ通知のShopifyアプリ「PUSHCODE」の提供を開始いたします。このアプリの導入により、Shopifyを利用したECサイト事業者は、メールアドレスやLINEお友達の登録がない新規ユーザーにも、ブラウザを通じてカゴ落ち通知などのコミュニケーションを行うことができるようになります。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=G-9HprF2vK8 ]

Shopifyアプリ「PUSHCODE」:https://apps.shopify.com/pushcode

特徴

Shopifyアプリ「PUSHCODE」は、サイトからユーザーのブラウザに直接メッセージを届けることのできるWEBプッシュ通知の技術を、Shopify上のECサイトに簡単に導入できるアプリです。カゴ落ち率は世界平均で約7割(※)と言われ、ECサイト事業者が売り上げを伸ばすためには、カゴ落ち対策は重要です。Shopifyの標準機能には、カゴ落ち防止メールの機能を備えていますが、そもそもほとんどの新規顧客はメールアドレスの登録をしていません。

本アプリを導入いただくと、メールアドレスやLINEお友達の登録がない新規ユーザーにも、ブラウザを通じてカゴ落ち通知ができるようになります。設定もシンプルでわかりやすく、無料プランでも毎月5,000通までの配信が可能と、導入のハードルが低いのも特徴です。

また本アプリは、会員データと紐付けてパーソナライズ化したWEBプッシュ通知配信にも対応しており、新商品やキャンペーンの告知、おすすめ商品のサジェストなど、カゴ落ち以外のさまざまなシナリオにも活用いただけます。

※米国Baymard Instituteの調査「46 Cart Abandonment Rate Statistics」
https://baymard.com/lists/cart-abandonment-rate

機能

「PUSHCODE」は、配信や分析をサポートする機能が充実しているのも特徴です。

スケジュール配信:
定期配信や予約配信の設定ができます。祝祭日やキャンペーン当日など、分単位で細かく合わせることができます。

ABテスト:
プッシュ通知内容のABテスト機能があります。内容の効果を分析して、効率的にCTRを改善できます。

自動パラメータ連携:
一度簡単な設定をするだけでプッシュ通知ごとにアクセス分析ツールに必要なパラメータを遷移URLに自動的につけることができます。

通知許諾機能:
プッシュ通知のユーザー許諾を得るためのポップアップ表示方法です。カスタマイズ可能なポップアップ表示方法をご用意してます。

配信レポート
日ごと・月ごと・プッシュ通知ごとのレポートはもちろん、通知許可やCTRのレポートもご用意しています。レポートのCSVダウンロードも可能です。

サポート
Webプッシュの実装や運用方法について、メールでサポートをさせていただきます。

PUSHCODEサービスについて

PUSHCODEは、WEBプッシュ通知に特化したSaaSとして、2018年のサービス開始後約300社に導入されており、メールマガジンと比べて購読率が約10倍、通知の閲覧率は約80%など、高い効果を感じていただいています。

特にカゴ落ち防止やUX関連のプッシュ通知のクリック率が高く、相性が良いことも分かってきていることから、より多くのECサイト事業者のビジネスでご活用いただくため、日本でも採用が進むShopifyに対応したアプリを今回リリースいたしました。

マーケティングにおいて、今後さらに重要となる「自動化」と「パーソナライズ化」への対応を支援するため、PUSHCODEはAPIやセグメント機能や自動化機能の拡充を進める予定です。

PUSHCODEサービスサイト:https://www.pushcode.jp/

EDOCODEについて

EDOCODE は世界中の人々に使ってもらえるサービスを構想し、開発することを目的に創業されたベンチャー企業です。どんな文化や国の人でも価値を感じられ、使うであろうことが見込まれるプロダクトをつくっていきます。多くの人が生活のなかで不便に感じていることを IT/Web技術を使って解決し、世の中をより良くするために貢献していきたいと考えています。

PUSHCODEの他、主に国内のクレジットカード会社を顧客とした、「ポイントモール」のプラットフォームサービスを開発しています。

画像

リリース詳細
提供元: PR TIMES