【オンラインセミナーのお知らせ】激動する国際社会の潮流を踏まえグローバルSCMに求められること

【オンラインセミナー】 グローバルSCMシミュレーションによるレジリエンス強化について解説します。

画像

昨今の社会情勢から、グローバルでのサプライチェーンマネジメント(SCM)の検討を開始する日本企業が増えています。しかし、多くの場合、捉えるべき課題、取組み方がわからないという声も聞きます。
SCMの難しさは、何か決まったツールを導入して利用すれば成し遂げられる、というものではなく、サプライチェーン全体を俯瞰し課題を的確に捉えたうえで、推進・管理が必要な点にあります。
さらには、データの観点においても、新たな価値創造を見据えたデータ利活用、ESG対応を見据えた環境関連情報の収集・管理など求められることは多岐にわたります。
本セミナーでは、システムインテグレーターである日立ソリューションズと、サプライチェーン戦略立案支援において実績のあるKPMGコンサルティングの双方が、プロフェッショナルとしての視点から、世の中の加速度的な変化や不確実性の上昇を見据え、グローバルSCMが目指すべき姿、マネジメント推進のためのプラットフォーム活用といったヒントを紹介します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社のSCMへの取組みの一助となれば幸いです。

【開催概要】
配信方法:ライブ配信、オンデマンド配信
 ライブ配信
  公開期間:2022年5月13日(金)14:00~15:00
  申込受付期間:2022年5月10日(火)23:59まで
 オンデマンド配信
  公開期間:2022年5月16日(月)~6月10日(金)
  申込受付期間:2022年5月10日(火)23:59まで
お申込み方法:
  以下のリンクから、必要な情報を入力の上お申し込みください。
  https://go.hitachi-solutions.co.jp/semi_220513?SeminarAutoId=7017F000000F5gjQAC&cid=3S2214
視聴時間:約60分
受講料:無料(事前登録制)
対象:経営企画、営業企画、生産企画、調達企画部門の方
主催:日立ソリューションズ、KPMGコンサルティング

【プログラム】
セッション1:最新トレンドを踏まえたグローバル物流・SCMのインサイト(約30分)
講師:KPMGコンサルティング ディレクター 齋藤 郷
講演内容
加速度的に変化していく環境下で、あらゆる業種でこれまで通りでは通用しない局面が現れています。コロナ禍で継続している調達危機、国際情勢と地政学リスク、遠隔地で起きた災害によるサプライチェーンの途絶、現在市場からのニーズが高まっているESG観点やサーキュラーエコノミーへの転換など、サプライチェーンの現在、未来に対して、DXによるデータの活用から変化に備え、追随できるサプライチェーンを構築するための要点を紹介します。

セッション2:デジタルツインによるサプライチェーン・レジリエンス強化~グローバルSCMシミュレーションサービス~(約30分)
講師:日立ソリューションズ 産業イノベーション事業部 エンジニアリングチェーン本部 第3部 間嶋 信介 氏
講演内容
コロナ禍から始まった需要の減少や巣ごもり需要による増加、原材料の不足や高騰、コンテナ不足、輸送費の上昇、安全保障など、日々変化するサプライチェーンのさまざまな問題に対し、企業は迅速な判断が求められます。従来の手作業による生産や販売の計画では対策が間に合わず、デジタルツインを用いたサプライチェーンの最適化は企業の喫緊の課題となります。また、サステナビリティ観点より企業は売上、利益の改善に加え、同時に温室効果ガス削減の取組みを行う必要があります。本セッションでは、これらの課題に対し、デモを交え弊社のサービスを活用した解決方法を紹介します。

【お申込み方法】
以下のリンクから、必要な情報を入力の上お申し込みください。
https://go.hitachi-solutions.co.jp/semi_220513?SeminarAutoId=7017F000000F5gjQAC&cid=3S2214

※日立ソリューションズのサイトへ遷移します。
※定員に達した場合は、その時点でお申し込み締切りとさせていただきます。
※希望者多数の場合は抽選制とさせていただきます。また、個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※通信環境や企業のセキュリティ設定によっては、ご視聴いただけない場合もございます。

リリース詳細
提供元: PR TIMES