palan、WebVRショールーム「palanワールド」を公開!VR上でxR開発やサービスに関する相談が可能に

WebVRショールーム「palanワールド」はアプリのダウンロードなしで手軽に体験することができます。

WebAR・WebVRのシステム開発を行う株式会社palan (本社:東京都渋谷区、代表取締役:齋藤 瑛史)は、Mozilla社の提供するWebVRプラットフォーム「Hubs」を使用し、WebVRショールーム「palanワールド」を作成しました。
URLはこちら:https://hub.link/UWKreiQ

■palanワールドが登場!
URLを共有することで、複数人でVR空間に展示されたサービスの観覧が可能です。気になるサービスはワールド内に設置されているリンクを開くことで、より詳しい情報を見ることができます。
また、簡易的なミーティングスペースも用意しているため、ワールド内で画面共有をしながらミーティングすることも可能です。

PC・スマートフォン問わず観覧可能ですので、是非お立ち寄りください。
※平日11:00~12:00にはpalanスタッフがワールド内に在中しております。お気軽にお声がけください。

画像1

■palanワールドの周り方
1.PCまたはスマートフォンより体験ページにアクセス
PCまたはスマートフォンより体験ページにアクセス
URL: https://hub.link/UWKreiQ
新規にプライベートルームを作成する場合はこちら: https://hubs.mozilla.com/scenes/Y5EzmSe

2.操作方法は下記の通りになります。
PCの場合:w,a,s,dキーで移動、マウスの左クリックでカメラ移動、Space長押しでワープポイント表示
スマートフォンの場合:ピンチイン/アウトで移動、画面スライドで視点移動、2本指でのタップでワープポイント表示

3. 気になるサービスはマウスカーソルを合わせると出現する「Open Link」をクリックしてサイトをチェック。お問い合わせページもございます。

画像2

■Hubsについて
HubsとはMozilla社の提供するWebVRプラットフォームです。PC、スマートフォン、VRヘッドセットの機種を問わず、アプリ不要で利用することが可能です。オープンソースで開発されており、さまざまなVRサービスに利用されています。
https://hubs.mozilla.com/

■株式会社palanについて
株式会社palanでは国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けております。
WebARのシステム開発開始以降、地方自治体、エンターテインメント業界等、幅広い業界よりサービス制作・開発を依頼いただいております。デジタルフォトフレームや、3Dの魚たちが現実世界を泳ぐWebAR水族館、社員の自己紹介やPR動画が流せるWebAR名刺などの話題サービスをどこよりも早く手がけて参りました。

今後も、お客様の声をもとにしながらWebAR技術の研究開発を進めて参ります。

アプリ不要で楽しめるWebARカメラサービス「TOBIRA」
https://tobira.me

簡単にWebARが作成できるサービス「palanAR」
https://palanar.com

WebARによるデジタルのスタンプラリーを簡単に作成「TOBIRALLY」
https://tobirally.com

3Dデータを管理・編集・利用することができる3Dデータ支援ツール「palan 3D」
https://palan3d.com

■会社概要

会社名:株式会社palan
URL:https://palan.co.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表取締役:齋藤 瑛史
設立:2016年11月1日
主な事業内容:ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング

【お問い合わせ】
株式会社palan
広報担当者: 加地
メール: contact@palan.co.jp
電話番号: 03-6555-4841

リリース詳細
提供元: PR TIMES