2021年度機密抹消セミナー

~ZOOMウェビナーによるオンラインセミナー~

本協会は2022年1月26日に2名に講師を招致して、総務省のガイドライン及び電子データの消去をテーマに機密抹消セミナーを開催します。セミナーは、ZOOMウェビナーによるオンライン形式で、参加費は無料です。本協会のホームページから参加登録ができます。http://www.kjmjk.com/

2022年1月に施行される改正電子帳簿法など、文書のペーパーレス化をめぐる法規制の整備が進んでおり、機密文書の保存形態も、紙から電子媒体に記憶されたデータに大きく転換するものと推測されます。2019年に発生神奈川県庁のHDD転売・データ流出は、電子化された機密情報の適正処理の重要性をあらためて認識させる事件でした。この神奈川事件を契機に、総務省は自治体向けの「情報セキュリティガイドライン」を改訂し、2020年12月に公表しました。改訂ガイドラインは、機密データが記憶された情報媒体を廃棄する際の留意事項について新たに追加しています。

開催日時
  2022年1月26日 14:00~16:00
セミナー概要
第1部 【テーマ】
    ADEC(データ適正消去実行協議会)活動と総務省ガイドライン概説
    【内容】
    第三者消去証明書の普及啓発活動について説明を行い、総務省が公開した「地方公共団体における
    情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の策定背景や地方自治体にガイドされたデータ消去
    に係る動向を解説する。
    【講師】
    データ適正消去実行協議会(ADEC) 事務局 鈴木 啓紹
第2部 【テーマ】
HDD、SSDのデータ抹消とは~最新のデータ消去手法を学ぶ~
【内容】
データ保存メディアとして一般的なHDDとSSDについて基本的な記録技術、データ消去技術について
グローバル標準であるNIST-SP800-88rev1を説明し、今後のデータ消去手法の潮流を解説する。
【講師】
データ適正消去実行協議会(ADEC) 技術顧問 沼田 理

参加登録
一般社団法人機密情報抹消事業者協会
http://www.kjmjk.com/

リリース詳細
提供元: PR TIMES