全国に9つの拠点を持つ急成長中のベンチャー・株式会社M&Aベストパートナーズが実現する「バイアスとムラのない」採用選考を公開

グラム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小出悠人)は、当社が運営するサービス「適性検査クラウドJobgram」の導入事例として、株式会社M&Aベストパートナーズの代表取締役社長・齋藤 達雄さん、取締役の渡部 豪さんへのインタビューが公開したことをお知らせいたします。

画像1

■ 株式会社M&Aベストパートナーズ 導入事例インタビュー
人間は判断を間違うもの。急成長のM&AベストパートナーズがJobgramで実現する「バイアスとムラのない」採用選考 >>> https://note.com/jobgram/n/n50ee879ddfaa
画像2

■ 株式会社M&Aベストパートナーズ
2018年創業。製造業・建設業・不動産業・ヘルスケア業に特化したM&A仲介を行う。「日本の経営に、世紀の躍進を。」をミッションに掲げ、東京本社のほか、札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄と全国に9つの拠点を持つ。現在は仲介事業だけではなく、上場支援、ファイナンス支援から人材の採用・確保、事業のコンサルティングまで、経営のあらゆる側面からサポートしている。

■ 導入背景

採用の判断基準を定量化したい

「自分たちだけの判断では当てにならないと感じる中で、どのようにしてエビデンスを取ろうかと考え、サービスの導入を検討していました。

求めていた主な条件としては、「運用フローに乗るか」「虚偽回答されないか」「精度の高さ」で、当初はリファレンスチェックも候補にあがっていました。しかし、候補者にかかる負担が大きいということで導入には至らなかったんです。

その点Jobgramの診断は候補者側の負担が軽いですし、費用も抑えられたので導入のハードルが低く感じました。」(代表取締役社長・齋藤 達雄さん)

■ 現在の採用状況

アルバイトを含めると半期で30名ほど採用
面接実施は120名(採用人数の約4倍)
Jobgramの適性検査を一次面接前に候補者全員に実施している

■ Jobgram について
「人は見た目が9割」と言われるように、無意識のうちに、人間は「容姿」「身振り」「表情」など目から入る情報に大きくとらわれています。

Jobgramは「人の性格特性」と「状況別の課題意識」を可視化。バイアスにとらわれない状態で選考判断・マネジメントを実施することで企業の採用・組織課題を解決します。

2020年6月のβ版リリースより多くの企業さまにJobgramをご利用いただき、

・「自社のカルチャーを可視化し、実感できた」
・「募集ポジションごとにどんな人を採用すべきかが定量化できたので、短期離職率が下がった」
・「適性検査により、1次面接の前から候補者に対する理解が深い状態になった。実感として3か月一緒に働いたくらいの深まり方だった」

といったお声をいただいており、Jobgramが実際に採用の現場でお役に立てるという実証がされつつあります。

■ 導入企業例

画像3

■ 導入事例の一部

「人を見る目に自信がない。」 総フォロワー100万以上の人気ブランドを手掛けるandがJobgramを使い始めた理由(https://note.com/jobgram/n/n8255e6d3f0cf
「性格診断はスナップショットに過ぎない」と語るUNICORNが採用に適性検査を使う理由(https://note.com/jobgram/n/neb043d14c864
急成長ベンチャー「M&Aクラウド」が過去のミスマッチから得たもの(https://note.com/jobgram/n/n65bf3b80b7e1
面接で全てを見極めるのは限界がある。急成長ベンチャー「ナナメウエ」の採用選考を支える適性検査(https://note.com/jobgram/n/n6fcba6a3b099

■ グラム株式会社について
性格傾向データを活用したSaaS提供、採用代行・採用コンサル支援を行っています。

【事業内容】
適性検査クラウド Jobgram(SaaS) https://job-gram.jp/
Jobgramゲートウェイ(採用代行・コンサル) https://job-gram.jp/gateway
Jobgram性格診断(個人向け無料性格診断) https://jobgram.jp/
画像4

【会社概要】
代表:小出 悠人
所在地:東京都渋谷区
設立:2012年6月7日

リリース詳細
提供元: PR TIMES