コグニティブクラウドコンピューティング市場ーテクノロジー別(自然言語処理、機械学習、自動推論、その他)、企業規模別(大企業、中小企業)、業種別、および地域別ー予測2022ー2031年

SDKI Inc.が「コグニティブクラウドコンピューティング市場ー予測2022ー2031年」の新調査レポートを2022年01月05日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2031年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-107631

コグニティブクラウドコンピューティング市場は、2022年に19,877.3百万米ドルの市場価値から、2031年までに175,580.5百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に31.3%のCAGRで成長すると予想されています。
画像

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/cognitive-cloud-computing-market/488

世界のコグニティブクラウドコンピューティング市場は、主にインテリジェントで革新的なビジネスプロセスに対する需要の高まり、と企業の複雑なデータの量の増加による高度な技術の採用の急増によって推進されています。また、小売業界におけるコグニティブクラウドコンピューティングサービスの重要性の高まりは、予測期間中にコグニティブクラウドコンピューティング市場の成長を推進すると推定されています。さらに、この成長は、顧客が消費者のニーズを理解することによって小売組織を支援できるようにすることで製品の売上を増やすための重要な提案を提供するコグニティブクラウドコンピューティングに起因しています。

しかし、コグニティブコンピューティングシステムを展開するためのより高いコストは、予測期間中にコグニティブクラウドコンピューティング市場の成長を抑制する可能性があります。

COVID-19の蔓延は、世界のコグニティブクラウドコンピューティング市場にプラスの影響を与えると予想されます。この蔓延の間に、パンデミックの影響を特定するために、ヘルスケアセクターで機械学習、自然言語処理、およびクラウドコンピューティングテクノロジーの採用が急速に増加しました。MITの研究者チームは、機械学習モデルとクラウドコンピューティング技術を利用して、COVID-19ウイルスの蔓延を予測することにより、SEIR(感受性、曝露、感染、または回復)と呼ばれる新しいモデルを設計しました。この側面は、パンデミック時のコグニティブクラウドコンピューティング市場の成長を推進すると推定されています。

コグニティブクラウドコンピューティング市場セグメント

コグニティブクラウドコンピューティング市場は、テクノロジー別(自然言語処理、機械学習、自動推論、その他)、企業規模別(大企業、中小企業)、業種別(ヘルスケア、BFSI、小売、政府、IT・テレコム、エネルギー・電力、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コグニティブクラウドコンピューティング市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、2019年にコグニティブクラウドコンピューティングの市場で33.4%の市場シェアを占めており、予測期間中もその指揮を継続すると推定されています。カナダや米国などの技術的に進歩的な経済の存在は、この地域のコグニティブクラウドコンピューティング市場の成長を推進する主要な要因です。米国は、今後のテクノロジーのほとんどにとって主要な革命のハブです。これらの要因により、ほとんどの組織は、ビジネス活動を近代化および革命化するために新しいテクノロジーを採用するようになっています。これは、予測期間中にコグニティブクラウドコンピューティング市場の成長に貢献しています。一方、アジア太平洋地域のコグニティブクラウドコンピューティング市場は、2022ー2031年の予測期間中に、32.5%のCAGRの健全な速度で上昇します。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

· アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)

· 北米(米国およびカナダ)

· 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

· ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

· ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

コグニティブクラウドコンピューティング市場の主要なキープレーヤー

コグニティブクラウドコンピューティング市場の主要なキープレーヤーには、SparkCognition、Nuance Communications、Inc.、Numenta、Microsoft、Cisco、SAP、Hewlett Packard Enterprise Development LP、CognitiveScale、IBM、EXPERT.AIなどがあります。この調査には、コグニティブクラウドコンピューティング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-107631

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

リリース詳細
提供元: PR TIMES