NTT研究所の音響信号処理技術を搭載首掛け型ウェアラブルデバイス「THINKLET」の高度な指向性集音機能を共同開発

~世界最大のデジタル技術見本市「CES 2022」に参考出展~

フェアリーデバイセズ株式会社(以下、フェアリーデバイセズ)とNTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス)は、フィールドメンテナンスや工場、倉庫、建設現場など、様々な現場作業のDXを実現する首掛け型ウェアラブルデバイス「THINKLET」向けに、NTT研究所の音響信号処理技術を活用した高度な指向性集音を実現するエッジソフトウェアを共同で試作開発しました。本試作ソフトウェアは「LINKLET(インテリジェントマイク版)」として2022年1月5日よりアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大のデジタル技術見本市「CES 2022」に参考出展します。

「THINKLET」は、エッジAI処理を効率化するハードウェアを搭載し、それを前提に設計された5ch マイクアレイを内蔵しています。フェアリーデバイセズは、従来「mimi(R) XFE」 として、マイクアレイを活用した指向性集音機能を提供していました。今回さらに、NTT テクノクロスが提供するインテリジェントマイク技術を組み合わせることで、より高度かつ柔軟な指向性集音機能を実現しました。

一般に現場DXが求められる産業現場は周辺雑音が極めて大きい場合が多いため、「THINKLET」 の指向性集音機能は、現場から高く評価をされてきました。この強みをより一層強化するため、本共同開発においては、従来よりも雑音抑圧性能を大きく向上させたほか、指向性を自由に制御することにより、デバイス装着者の声に加え、目の前にいる人の声や、特定方向の機械音を選択的に集音するなどの革新的な機能を開発しています。

これにより、「THINKLET」装着者の周囲の状況をより精緻に把握しやすくし、熟練作業者による円滑な遠隔作業支援のみならず、現場作業の対話記録や音声対話AIによる作業指示、機器の異常音検知などの性能を向上させることが可能になります。

両社は今後協業をさらに深め、世界に先駆ける革新的な音声フロントエンド処理にかかる技術開発に共同で取り組みます。さらに 「THINKLET」 を導入している世界中の現場からのデータを収集・活用することで、グローバルな先行者優位を拡大し、フィールドメンテナンスや工場、倉庫、工事、建設など世界中の現場DXに積極的に貢献して参ります。
画像1

CES2022 出展について

会期:2022年1月5日(水)~8日(土)
会場:アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス
主催:Consumer Technology Association
出展ブース:Sands Expo, Eureka Park, J-Startup/JAPANパビリオン内 ブース番号 ♯62102
出展内容:NTTテクノクロスが提供するインテリジェントマイクを搭載(NTT研究所の音響信号処理技術を活用)したフェアリーデバイセズの「LINKLET」

「mimi(R) XFE」 とは

多チャンネルマイクを利用したフロントエンド音響信号処理、雑音抑制、発話区間抽出、エコーキャンセル、ボイスウェイクアップなどの技術を複合した音声エッジAIライブラリ。「THINKLET」にも搭載されており、産業現場の動画像データを機械学習の学習データとして直接的に活用可能な形で集積するためにキーとなるテクノロジーです。

インテリジェントマイクとは

音響処理ソリューション:https://www.ntt-tx.co.jp/products/acoustic/

「LINKLET」とは

「LINKLET」は、フェアリーデバイセズが提供する「THINKLET」応用ソリューションの一つであり「Zoom」「Microsoft Teams」と連携したライブストリーミングを実現するウェアラブルプロダクトです。「CES 2022 Innovation Awards」において、日本企業で唯一、「Wearable Technologies」、「Streaming」、「Digital Imaging/Photography」の3部門を同時受賞しました。(https://fairydevices.jp/news_2021111104

画像2

LINKLET紹介 URL:https://linklet.ai/

「CES 2022 Innovation Awards」 とは

「CES Innovation Awards」 は、出展企業・製品の中から、特にデザインとエンジニアリングにおいて優れたものに贈られます。メディア、デザイナー、エンジニアなどを含む世界中の業界専門家の審査員が、イノベーション、エンジニアリング、機能性、美学、デザインといった観点で優れた製品や技術を審査します。これまでに何千もの製品がここで発表され、その中にはプラズマテレビやブルーレイ、有機ELテレビ、3Dプリンターなど私たちの生活を一変させた製品も数多く含まれています。

リリース詳細
提供元: PR TIMES