グローバル特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場ータイプ別(ソフトウェア、物理アプライアンス、仮想アプライアンス)、アプリケーション別、および地域別ー予測2022ー2031年

SDKI Inc.は、「グローバル特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場ー予測2022ー2031年」新レポートを 2021年12月30日に発刊しました。この調査には、特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-115013

特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場は、2022年に2,974.1百万米ドルの市場価値から、2031年までに28,545.7百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に32.67%のCAGRで成長すると予想されています。
画像

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/global-privileged-access-management-pam-solutions-market/457

特権アクセス管理(PAM)は、重要な資産への機密アクセスを保護、制御、管理、および監視するのに役立つ一種のシステムです。ITサービスとクラウドアプリケーションの統合は、いくつかの産業部門にわたるビジネスでトレンドになっています。これらのシステムは、アクセスと、表示および実行が許可されているものを管理することにより、データとシステムを保護することに関するものです。

サイバー脅威に対する懸念の高まりは、予測期間中にグローバルな特権アクセス管理ソリューション市場の成長を促進すると推定されています。管理上の同意は、企業組織が消費者の機密情報を保護するために適用される基準に従い、それを満たすことを保証するために、世界中の多くの当局によって実施されています。世界中でインターネットユーザーの数が増加しているため、近年、サイバー犯罪の数は大幅に増加しています。さらに、スマートフォンユーザーの数の増加、および経済的なモバイルインターネットサービスの利用可能性により、非倫理的な慣行の数が拡大しています。したがって、サイバー脅威に対する懸念の高まりは、予測期間中にグローバルな特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場の成長を促進すると予想されます。

モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、5G(第5世代セルラーテクノロジー)、ロボット工学、仮想現実と拡張現実、クラウドコンピューティングなどの継続的な技術の進歩は、市場の成長の主要な貢献者です。また、これらの革新的なテクノロジーが世界中のビジネスとサービスのほぼすべての部分に与える顕著な影響も、市場の成長に貢献しています。国連貿易開発会議(UNCTAD)の分析によると、5G市場は2018年に608百万米ドルを占めており、さらに2770億米ドルを占めると推定されています。5Gの仕事の数が最も多いのは中国(950万人)で、米国(340万人)と日本(210万人)に続くと推定されています。UNCTADによる他の分析では、日本のICT財輸出(総財輸出の%)は2019年に8%を占めました。同様に、同じ年に米国が8.7%を占めており、ドイツが4.9%、英国が4%、フランスが3.8%と続きました。この成長は、予測期間中に市場の成長を後押しすると推定されます。

特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場セグメント

特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場は、タイプ別(ソフトウェア、物理アプライアンス、仮想アプライアンス)、アプリケーション別(Windows、Unix、Linux、Mac OS、インフラストラクチャデバイス、IoT)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場の地域概要

特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場の最大の地域である可能性があります。しかし、アジア太平洋地域は、特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場で最も急成長している市場を登録することが期待されています。これは、中小企業の数の増加、と機密情報にアクセスするためのセキュリティの強化に企業が高い関心を寄せていることに起因しています。さらに、中東・アフリカと南米の市場では、特権アクセス管理(PAM)ソリューションの要件が絶えず急増しています。これらの地域には、クラウドベースのインフラストラクチャに関する国レベルの市場はほとんどありません。

特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場の主要なキープレーヤー

特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場の主要なキープレーヤーには、CA Technologies、Wallix、CyberArk、Centrify、ManageEngine、ARCON、Hitachi ID Systems、Beyond Trust、Thycotic、Devolutions、One Identity LLCなどがあります。この調査には、特権アクセス管理(PAM)ソリューション市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-115013

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

リリース詳細
提供元: PR TIMES