BMF(Boston Micro Fabrication、ボストン・マイクロ・ファブリケーション) アップグレードした高精細3Dプリンター「microArch(R)S240」を発売開始

同時に、新しい公式サイト(URL:https://www.bmfjapan.jp/)も公開いたします

製造業の常識を打ち破る!世界最高の精密水準を実現するmicroArch(R) 3Dプリンタシステムを提供しているBMF(Boston Micro Fabrication、ボストン・マイクロ・ファブリケーション) は12月27日(月)より、アップグレードした超高精度3Dプリンター「microArch(R)S240」を正式に発売開始致します。同時に、新しい公式サイト(URL:https://www.bmfjapan.jp/)も公開いたします。

画像

microArch(R)S240は、BMFで最も多い販売実績のある10µmシリーズに新しく仲間入りする、10µmの光学解像度と加工公差±25µmで微細構造を正確に造形出来る3Dプリンターシステムです。

microArch(R)S240の最大特徴は、主に造形面積、造形速度、使用可能材料の3項目で、既存140シリーズから大きな進歩を遂げております。

造形面積の最大化

最大造形サイズは100mm×100mm×75mmとなり、microArch(R)140の造形サイズ(94mm×52mm×45mm)より大きなサイズの部品を製造する、小型部品を中ロットで量産することが可能となります。

造形速度の向上

ローラー式膜システム(Roller-membrane Layering System)によって10umの高解像度を維持しながら、造形時間をmicroArch(R)140より最大で約50%短縮することができます。

多様な材料に対応

構造物の耐久性を大きく向上させるため、200cps以下の低粘度樹脂だけでなく、cps5,000以上の高粘度材料にも対応。更には、セラミックやナノ粒子を含む機能性複合材料にも対応しています。

microArch(R)S240 スペック

動作原理 : プロジェクション·マイクロ·ステレオリソグラフィー(PµSL)
光源: UV LED(405nm)
造形材料:光硬化性樹脂、セラミック
光学解像度:10μm
積層厚:10~40μm
最大造形サイズ:100mm(L)×100mm(W)×75mm(H)
ファイル形式:STL

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=YLxSsJ5ZfEs ]

S240紹介動画

microArch(R)S240はBMFの独自開発のプロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィ(PµSL)と呼ばれる3Dプリント技術を採用しています。PμSLとは、紫外線を面単位で照射することで、マイクロスケールの解像度で迅速に光重合する技術です。このPμSL技術は、緻密かつ正確な再現性の高い部品を製造することができるため、医療器具製造をはじめ、マイクロ流路、MEMS、バイオ·製薬、エレクトロニクス、など、幅広い業界において、 プロトタイプ開発や最終部品の小ロット生産に最適です。

BMFについて

BMF社(BMF,BostonMicroFabrication)は、世界の精密製造分野で3D造形をリードする企業で、自社開発の超高解像度マイクロスケール3D印刷技術に基づいて、世界の製造業市場に常識を打ち破る精密製造技術を提供します。BMF社の超高精度AM技術により、切削加工や金型では難しい複雑な3D微細構造を実現しています。そして、多彩な材料とプロセスを組み合わせることで、最終製品を低コストかつ高効率で生産·販売することを可能にします。

連絡先
BMF Japan株式会社
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-4-3 喜助日本橋室町ビル5F Nano Park
TEL:03-6265-1568
FAX:03-3527-9552
Email:info@bmfjapan.jp
Website:https://www.bmfjapan.jp/

リリース詳細
提供元: PR TIMES