カメラ映像をAIが解析し、シーン毎に索引を自動生成日報の作成、映像シーンの検索、動画マニュアルの作成も可能!

日報を自動作成する「AIレコレポ」を2022年1月より提供開始。

株式会社BFT(東京都千代田区:代表取締役社長 小林 道寛、以下BFT)と、株式会社フォワードネットワーク(本社:東京都文京区、代表取締役:藤田 一弥、以下 フォワードネットワーク)は、工場内などのカメラの映像をAI(人工知能)が判別し、日報を自動作成する「AIレコレポ」の提供を、2022年1月より開始いたします。「AIレコレポ」のメインとなるAIエンジン部はフォワードネットワークが、ユーザインターフェース部はBFTが開発を行いました。

昨今、会社や工場、店舗にカメラを設置する企業が増えています。このカメラ映像は、何か問題があったときに確認する目的で使用されることが多く、その映像のほとんどは一度も閲覧されずに消去され、有効活用されていません。
画像1

「AIレコレポ」は、カメラの映像をシーン毎に自動分類することにより、膨大な映像に索引(インデックス)を付けることができるため、カメラ映像の有効活用が可能です。「AIレコレポ」は、AIエンジンである「ムービーAIサーチ」の機能を使用しています。「ムービーAIサーチ」は、「腕を上げているシーン」「腕を下げているシーン」というように、行動別に映像をシーンに分類することができます。

◆AIレコレポ URL :https://recorepo.net
◆製品紹介
・AIレコレポ    :http://www.fward.net/products/airecorepo
・ムービーAIサーチ :http://www.fward.net/products/aisearch

製品概要

「AIレコレポ」は、工場などに設置したカメラの映像をクラウドに送信・蓄積します。蓄積された映像をAIが解析し、シーン毎に映像を切り分けて分類することにより、日報を自動作成します。
膨大な映像の中から、特定のシーンのみを検索して閲覧したり、各シーンの映像を利用した動画マニュアルの作成も可能です。
画像2

製品特徴

1.1日のカメラ映像をクラウドに自動保存。
映像は、1ヶ月、1年など、クラウド上に長期保管できます。カメラの故障も検知可能です。
2.動画マニュアルを作成することができます。動画マニュアルはスマートフォンでも閲覧可能です。
3.シーン(工程)は、お客様がブラウザで映像を見ながら決めることができます。
人だけでなく、車やボールなど、モノの動きもシーンの対象にすることができます。
画像3

4.膨大な映像の中から、特定のシーン(工程)を検索(※)し、閲覧・比較することができます。
5.各作業のシーン(工程)に、「標準時間」を設定することができます。作業効率の評価に有効です。
6.1日の作業映像をもとに、日報を自動で作成します。
7.メッセージ機能を使用して、グループ内で、毎日の作業連絡を行うことができます。

※映像内のオブジェクトを識別できるように、事前にオブジェクト検出の学習を行う必要があります。

【会社概要】

画像4

社名    株式会社BFT
設立年月日 2002年4月4日
資本金   9,990万円
代表取締役 小林 道寛 (Kobayashi Michihiro)
従業員数  418名(2020年4月時点)
住所    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング22階
公式HP   http://www.bfts.co.jp/

BFTは「人とシステムをつくる会社」です。
システムづくりに加え、システムにかかわる人材の育成にも力を注ぎ、さらに豊かな社会の実現を目指しています。

(1) インフラ基盤構築 サーバ環境構築・ネットワーク環境構築 ・クラウド環境構築
(2) システム開発   オープン系システム開発
(3) 教育サービス   「BFT道場」 トレプラ・ギノトレ・チョイトレ

【会社概要】

画像5

会社名  株式会社フォワードネットワーク
本社   〒112-0014 東京都文京区関口1丁目47番12号 江戸川橋ビル 3F
代表者   代表取締役 藤田 一弥
設立    2004年4月
事業内容 WEBサイトの速度・脆弱性等の品質向上支援
ビッグデータ・非構造化データの蓄積・解析
各種統計解析(基本統計、検定、多変量解析、機械学習、ベイズ統計)
業務アプリケーション開発・保守
URL   http://www.fward.net/

リリース詳細
提供元: PR TIMES