【世界初の ECHONET IoTマスターになるチャンス!】脱炭素支えるIoT人材育成セミナーを12/20(月)~開催

スマートメーターやIoT家電の機器を制御する「ECHONET Lite」のスキルを証明する認定資格が取得できる講座提供を開始します。

即戦力IT人材育成を行うインターネット・アカデミー(本社:東京都渋谷区、学校長:大岡和雄)では、エコーネットコンソーシアムの認定教育機関として「ECHONET IoTマスター制度」の講座提供を12/20(月)より開始致します。本講座を受講し、テストに合格することで、ECHONET IoT MASTERとしてIoTスキルが認定されます。

画像

■ECHONET IoTマスター制度とは
ECHONET IoTマスター制度は、IT人材の育成を目的に、「学びの機会提供」および「能力・スキルの見える化」を実現する制度です。本制度のもとで取得できる「ECHONET IoT MASTER」資格は、ECHOENT Lite/ECHONET Lite Web APIに関する教育プログラムを、エコーネットコンソーシアムが定める認定教育機関で受講し、一定以上のスキルを習得したと認められる個人に与えられます。

インターネット・アカデミーは、エコーネットコンソーシアム唯一の認定教育機関として、IoT人材の育成およびECHOENT Lite/ ECHONET Lite WebAPIの普及活動を行っています。

■エコーネットコンソーシアム・ECHONET Liteとは
エコーネットコンソーシアムは、スマートホームの必須要素である家電や住宅設備機器が相互に連携するための通信規格「ECHONET Lite」を推進する団体です。  エコーネットコンソーシアムでは、ECHONET Liteの標準化を進めると共に、ECHONET Lite規格に対応した機器の製品化支援や関連業界との協力により、スマートホームの普及を促進しています。

ECHONET Liteは、センサー、家電製品、設備系機器などのIoT化を実現するための国際標準の通信規格で、エコーネットコンソーシアムが策定しています。ECHONET Liteに対応している機器は急速に普及しており、日本では2020年度には1億台を突破しました。また、経済産業省が設置したスマートハウス標準化検討会において、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の公知な標準インターフェースとして推奨されています。

■ECHONET IoTマスター制度ができた社会背景
日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラル社会の実現を宣言しています。また、IT人材不足も深刻な日本の社会課題であると言われています。経済産業省の試算によると、2030年には約45万人のIT人材が不足するといわれます(※1)。そのような中で、ECHONET IoTマスター制度を推進することにより、「Society 5.0」やカーボンニュートラル社会の実現に貢献できる人材を育成、輩出して参ります。

※1 IT人材需給に関する調査(概要)、経済産業省(平成31年4月)
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf

■ECHONET IoT MASTER 取得のメリット
ECHOENT Lite/ ECHONET Lite WebAPIのスキルを持つIoT人材であることを、世界的に証明することができます。

「ECHONET Lite Web API実験クラウド」など会員専用の各種開発ツールが利用できる
ECHONET IoT MASTERロゴマークの使用(名刺やWebサイトなど)
ECHONETフォーラムへの参加
会員限定イベント、学習支援コミュニティへの参加「ECHONET Lite Web API実験クラウド」の利用

エコーネットコンソーシアムが、会員向けて提供している以下の開発ツールを利用することができます。
また、ECHONET IoT MASTER ロゴマーク等のエコーネットコンソーシアムが管理する商標を使用することができ、名刺や、ホームページ、展示会等でご活用いただけます。
更に会員各社メンバーによるWGやエコーネットコンソーシアムが主催する会員限定のECHONETフォーラムに参加することができ、ECHONET Lite規格や、ECHONET Lite Web API仕様の策定検討に参加することができます。(WG参加には上位委員会の要請・承認が必要です。)

■講座情報
受講料
¥103,400(税込)

開催日
第1ターム
第1回:12/20(月) 14:00~16:00
第2回:12/20(月) 16:10~18:10
第3回:01/10(月) 14:00~16:00
第4回:01/10(月) 16:10~18:10
第2ターム
第1回:01/17(月) 14:00~16:00
第2回:01/17(月) 16:10~18:10
第3回:01/24(月) 14:00~16:00
第4回:01/24(月) 16:10~18:10

実施方法
オンライン

認定要件
技術セミナーの授業(全4コマ)の受講、認定テストの合格(80%以上で合格)

■詳細情報

詳細の流れはこちらでご確認いただけますと幸いです。
https://www.internetacademy.jp/course/programming/iot_master.html

お申し込みについて
お申し込みフォームより受講の申し込みをいただきます。その後、確認メールにて振込先のご案内をいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdq7Vz82injesOIbsaRhwR-eT633s6v9eXVlDE7nOA8w-oJbQ/viewform

■インターネット・アカデミーについて
インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年9月に開校しました。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいます。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C(World Wide Web Consortium)」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献しています。

現在は、その活動の場を日本のみならず世界的に展開し、アメリカはボストンとニューヨーク、そしてインドのIT都市であるバンガロールに研究開発拠点を設立。人材育成はもちろん、WebアプリケーションやVRコンテンツ、システム開発の受注制作など、ITに関する幅広いサポートビジネスをグローバルに展開することで、各国の企業ニーズやビジネスノウハウを共有し、さらにその情報をもとにカリキュラム開発などの教育事業に活かしています。

■会社概要
学校名:インターネット・アカデミー
学校長:大岡和雄
顧問 :一色正男
神奈川工科大学 創造工学部 教授、W3C/Keio元サイトマネージャ、経産省管轄のJSCA、
スマートハウス研究センター所長、スマートハウス・ビル標準・事業促進等検討会 HEMSタスクフォース座長
所在地:
【渋谷本校】東京都渋谷区桜丘20-1 渋谷インフォスタワー5 階
【新宿校】東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE10F
【米国ニューヨーク支社】568 Broadway, 11th Floor, New York, NY, USA
【米国ボストンラボ】One Broadway, 14th Floor, Cambridge, MA, USA
【インド バンガロール校】No 979, 1st Floor, Keerthi's CLOUD9,1st A Cross, S.T. Bed Layout,
Koramangala 4th Block,Bengaluru 560034
社名: インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
設立: 1995(平成7)年9月12日
資本金: 1億円
従業員数: 80名

リリース詳細
提供元: PR TIMES