IP Infusion、Net Plan ITと協業し、White Boxソリューションにより、ポルトガルのインターネットサービスプロバイダーの5Gネットワークを変革

– 協業により、5Gネットワークとサービスの提供を支援 –

IP Infusion(本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:緒方 淳)は、本日、ポルトガルに本社を置くモバイル/インターネット通信ソリューションのプロバイダー、Net Plan ITとの協業を発表しました。本協業では、5Gサービスの準備を進めるインターネットサービスプロバイダー(ISP)向けに、Best-of-Breed(最適な製品から選択し組み合わせる)のWhite Box(ホワイトボックス)ネットワークプラットフォームを提供します。Net Plan ITは、IP Infusionのネットワークオペレーティングシステム(OS)「OcNOS(R)」によるWhite Boxネットワークポートフォリオを自社のネットワークへ統合したことにより、既存のレガシーネットワークのベンダーとは異なる選択肢をサービスプロバイダーに提供します。

本協業は、ポルトガルのAltnetコミュニティ、PALOP(ポルトガル語公用語圏アフリカ諸国)を中心としたアフリカ諸国およびブラジルにおける顧客基盤の拡大を目的としています。Altnetは、統合され、相互接続された次世代ネットワークの構築に共同で取り組む独立系デジタルインフラプロバイダーから成る、成長著しいコミュニティです。これらのネットワークオペレーターは、前例のない俊敏性と選択肢の実現やインフラコストの削減を可能にするWhite Box型ネットワークを採用し、従来型ネットワークのアプローチに挑戦しています。

IP InfusionのキャリアグレードのWhite Boxソリューションは、ネットワークオペレーターの革新的なサービスおよび新たな収益源の創出を加速させます。検証済みのネットワークOSをBest-of-Breedのハードウェアと組み合わせることで、多彩なユースケースのネットワークをサポートします。また、IP Infusionの高度なサポートサービスを利用することで、総所有コスト(TCO)を削減するエンドツーエンドのWhite Boxソリューションへのシームレスな移行が可能になります。

IP Infusion 最高経営責任者(CEO) 緒方 淳は、
「当社はこの度の協業を通じ、Net Plan ITの顧客基盤と知見を活用し、White Box を用いた複雑なネットワークの設計、導入、サポートを提供することが可能になります。より多くのネットワークオペレーターが、本事例のように、これまでにないネットワークインフラの俊敏性や選択肢を実現するソリューションのベストプラクティスを参考にすることで、White Boxネットワークの導入を推進できるようになります」と述べています。

Net Plan IT 最高経営責任者(CEO) Rui Silva氏は、
「当社ポートフォリオにIP Infusionのソリューションが加わることを嬉しく思います。当社ネットワークソリューションは、お客様が現地サポートを利用し、リスクを低減しつつ優れたコスト効率で新システムへ移行できるように支援します。当社のネットワーク管理プラットフォームとIP Infusionのソリューションにより、今後の5Gサービスに向けた新たなWhite Boxネットワークの構築を支援することができます」と述べています。

「OcNOS」は、業界初となるフル機能を搭載し、モジュール設計で拡張性に優れたWhite Boxオープンネットワーク向けネットワークOSです。MPLS(Multi-Protocol Label Switching)から、PTP(Precision Time Protocol)、SDN(Software Defined Networking)向けAPI/プロトコルに至るまで、拡張性の高いスイッチングやルーティングプロトコルのサポートといった高度な機能を提供します。「OcNOS」は、ハイブリッド型/集中管理型/分散型ネットワークサポート、拡張性に優れた高性能モジュール型ネットワーク、商用シリコン上に構築された堅牢なデータプレーンを特長としています。

■Net Plan ITについて
Net Plan ITは、基本的価値観としての品質、多角化、イノベーションを実現することで、顧客やサプライヤーをはじめとするステークホルダーのニーズに応えます。Net Plan ITは信頼性のある通信技術/通信ソリューションのプロバイダーであり、接続されたグローバルコミュニティを構築するためのデジタルトランスフォーメーションを実現するソリューションの提供に尽力しています。Net Plan ITのアプリケーションは、クラウドのエッジから次世代通信を確実に可能にし、メディア企業、防衛機関、公的安全機関、公益事業者が、プロバイダー、ネットワークのアンバンドリング、ディスアグリゲーションネットワーク、IoT、クラウド、AI、NFV、SDNのエコシステムによらず、複雑な5Gネットワークの企画、設計、監視、保護、簡素化を行えるようにします。
https://www.netplanit.pt/

■IP Infusionについて
IP Infusionは、キャリア、サービスプロバイダー、データセンター事業者向けに、ソフトウェアとハードウェアを分離(ディスアグリゲーション)して安価に柔軟にネットワークを構築し、新機能やサービスの実装を迅速に実現するWhite Boxソリューションを提供しています。IP Infusionは、「DANOS-Vyatta edition」および「Commercial SONiC Distribution」のインテグレーター兼カスタマーサービスプロバイダーであると共に、White Box向けネットワークOS「OcNOS」および「ZebOS(R)」を350社以上の企業に提供しています。IP Infusionは、米国カリフォルニア州サンタクララを本拠とし、株式会社ACCESSの100%出資子会社です。
https://www.ipinfusion.com/
画像

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、放送、自動車、家電、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび350社以上の企業への豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける仮想化技術の開発力とノウハウを活かし、現在、組み込みとクラウド技術を融合したDX/IoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

※ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※IP Infusion、IP Infusionロゴ、OcNOS、ZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES