ITの供給不足を乗り越える方法を紹介する初のジャパンサミット ZadaraがMSPを招待し、11/19オンライン開催

Zadaraジャパンとパートナー企業が、100%のOpEx(オペレーショナルエクスペンス)とAWS準拠を保証するプライベートクラウドの持つバリューを、2021年11月19日の14:00からオンラインイベントでご紹介いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/282947/LL_img_282947_1.png
Zadaraジャパンサミット

東京発 – エッジクラウドサービスで高い評価を得ているZadaraは、初のZadaraジャパンサミットの開催を発表しました。マネージドサービスプロバイダー(MSP)やその他の企業が、世界的なITの供給不足に関連する課題を乗り越えられるよう支援するバーチャルイベントです。

世界的なデバイスの供給切迫や価格上昇が原因で、一部のMSPやその他の企業は、競争力あるサービスを提供して事業の成長をサポートするためのクラウドプラットフォームを構築できていません。ITのハードウェア市場は、COVID-19パンデミックにより深刻な半導体不足とサプライチェーン停止の被害を被っており、調査企業のガートナー社はこの問題が2021年度以降も継続することを予測しています。(*1)

Zadaraジャパンサミットでは、日本でのZadaraの業界大手パートナー企業におけるユースケースをご紹介します。インフラに関し、従来のCapExからOpExモデルに移行することにより、これらの問題にMSPと企業がどのように対処できるかをご説明します。Zadaraと提携することで、企業はこの瞬間に必要とされているクラウドプラットフォームを導入できます。当社のデータセンターで、完全マネージドのインフラの上でAWSに準拠した当社のクラウドとサービスを手軽に構築できるようになります。Zadaraのパートナー企業は、初期投資なしに、利用した分の月額料金をお支払いいただきます。
このため、Zadaraのパートナー企業は、サプライチェーンの問題の影響を回避し、拡張性の高い最新のクラウドサービスを通じて顧客の要求に応えることができます。

ZadaraのCEO、Nelson Nahumはこのように述べています。「Zadaraジャパンサミットを主催し、当社のパートナーを招いて優れたテクノロジーの数々とユースケースを紹介でき、感無量です。最先端のクラウドテクノロジーを提供するだけでなく、当社はMSPやエンタープライズの顧客に対する真のパートナーとなることを目指しています。当社はお客様それぞれの課題を理解し、新たに安定した収益源を得て顧客を保持する機会を生み出すネットワークを構築しています。」
Zadaraは、パートナー企業やその顧客に向け、可能な限り簡単にクラウドサービスを提供できるよう設計された、一連のエッジクラウドサービスを提供しています。サービスにはzStorage、zCompute、Zadara Federated Edgeなどが含まれます。差別化可能なクラウドサービスを構築して顧客を保持することが難しいハイパースケールプラットフォームを避け、MSPは高価なパブリッククラウドのサービスに苦慮するオンプレミスの顧客を取り込むことができます。Zadaraのパートナーは、Zadaraストレージをインストールしてオンプレミスでデータを処理するか、クラウドでZadaraのシングルテナントサービスを利用すれば、当社でデータの所在地をすべて決定できます。
Zadaraは米国のNASAや熊本県の山鹿市などの政府組織や地方自治体、およびMSPやエンタープライズなど、世界各地の組織にとって信頼できるパートナーおよびプロバイダーを務めています。
ZadaraジャパンサミットはMSP、通信業者、その他の企業を招待し、拡大を続けるZadaraネットワークへ参加して当社専用の完全マネージドクラウドを確立する方法を紹介します。当社のマネージドクラウドは、大規模な初期投資を行うことなく3か月以内に導入できます。イベントセッションではパートナー企業のユースケース紹介、Zadaraジャパンの紹介、zComputeとzStorageの実演が行われます。
Zadaraジャパンサミットは2021年11月19日 14:00に開催されます。
参加登録はこちらから行えます: https://try.zadara.com/Japan-Annual-Summit-2021-lp.html

Zadaraについて:
2011年から提供されているZadaraのエッジクラウドサービスは、エッジで演算能力、ストレージ、ネットワークリソースを供給する自動化されたエンドツーエンドのインフラを提供し、複雑な運営を簡素化します。オンプレミス、クラウド、コロケーションプロバイダーから利用可能なソリューションと合わせて、Zadara独自のターンキーハードウェア/ソフトウェアは、従量課金制モデルを組み入れることで、企業が求めるメリットと機能を犠牲にすることなく、機敏性の向上を促進します。Zadaraは世界各地で展開しており、これにはパブリッククラウドとプライベートクラウドのパートナー企業が提供する、数百ものクラウド内データセンターが含まれます。
あらゆる時間帯や場所でサービスとサポートを提供する専門家チームを揃えており、F1世界選手権でアルファロメオ・レーシング・オーレンの公式クラウドサプライヤーを務めています。Zadaraはカリフォルニア州アーバインに本社を置き、サイレンセスター(英国)、東京、ヨクネアム(イスラエル)、バンガロール(インド)に支社を持ちます。

(*1)ガートナー社の調査結果、NetworkWorld/IDG経由(2021年5月18日)。チップの供給不足がITハードウェアの購入層を数か月または数年にわたって直撃。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press