Jasmy Personal Data Lockerが株式会社ヴィッツのTISIWITに搭載されました

~人それぞれの情報を安心して活用できる新たなソリューションの登場~

2021年10月13日                                           
報道関係各位
ジャスミー株式会社

Jasmy Personal Data Lockerが株式会社ヴィッツのTISIWITに搭載されました
~人それぞれの情報を安心して活用できる新たなソリューションの登場~

画像

この度、ジャスミー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:佐藤一雅 以下「ジャスミー」)の開発したJasmy Personal Data Locker(仮)が、株式会社ヴィッツ(本社:名古屋市中区 代表取締役社長:服部 博行 以下「ヴィッツ社」)が、新たに開発した個人情報取扱業者にならなくても個人を認証するシステム「TISIWIT」に搭載されましたので、お知らせいたします。

従来の認証システムでは個人情報を登録し、登録情報に基づいて認証を行っておりましたが、ヴィッツ社の「TISIWIT」では、個人情報をジャスミーの「Jasmy Personal Data Locker」(仮称、以下パーソナルデータロッカー)に格納し、パーソナルデータロッカーに個人情報が存在することを確認することで個人を特定します。
これにより名前や電話番号を知らなくても非個人情報(生年や趣味)からユーザーに寄り添ったサービスの実現が可能になり、イベント、施設、エンターテインメントにおける参加確認、入退室において簡易に非個人情報を活用したサービスが可能になります。
コロナ禍においてはワクチン接種情報、PCR検査情報を管理されたい業者様への対応も期待されています。
(TISIWITの詳しい情報はこちらからhttps://www.witz-inc.co.jp/technology/tisiwit/

ジャスミーは本年3月よりヴィッツ社と未来社会創生共同ラボを創設し、独自の「Jasmy IoT Platform」を活用した、ユーザーのプライバシーを守りながら、企業に必要なデータだけをシェア出来るサービスの提供を共に目指して参りました。その成果として、ブロックチェーンなどの分散技術とIoT開発でのノウハウや独自の発想が詰まったパーソナルデータロッカーの商用サービス提供が、この10月から可能な体制になりましたことを合わせてお知らせいたします。

ジャスミーは、今後もさらにヴィッツ社との連携を強化し、いろいろな分野における「情報の民主化」の実現に、積極的に取り組んでまいります。

以上

■株式会社 ヴィッツについて
自動車や家電、工場のロボットにいたるまで、すべて製品がネットワークにつながり、お互いに情報交換する。そんな世界において、組込みソフトウェア・セキュリティ・シミュレーション・機能安全やオペレーティングシステムなどの専門技術の提供を通じて、自動運転、AI、IoT/CPS社会の発展に貢献する会社です。
URL: https://www.witz-inc.co.jp/

■ジャスミー株式会社について
ジャスミー株式会社は IoT のプラットフォームを開発・提供する会社です。あらゆるモノがネットにつながる時、人々の生活に密着する「⾐・食・住・動」が大きく変わります。誰もが簡単に安全にそして安心してモノを使うことが出来る仕組み(プラットフォーム) をつくり提供する、これがジャスミーの使命です。いま、私達の生活から生み出される大事なデータは限られた企業に占有されがちです。ジャスミープラットフォームは、本来の持ち主にデータの主権を取り戻し、個々のデータを安全安心に利用いただくことを目的のひとつとしています。その為、ジャスミーは IoT にブロックチェーン技術を融合させ、今までにない発想のもと業界・業種の垣根を越えて幅広く利用いただけるプラットフォームを準備して参ります。ジャスミーのチームはエレクトロニクス、メカ、通信、デバイス、システムインテグレーター、デザイナー等、多種多様で豊かな経験を持つメンバーで構成され、世界中のお客様それぞれに最適な IoT プラットフォームを提供していきます。
URL:https://www.jasmy.co.jp/

※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES