インキュデータ、「Treasure Data CDP for Sales」と「Treasure Data CDP for Service」の販売を開始

 インキュデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:藤平 大輔、以下インキュデータ)は、トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三浦 喬)が2021年9月より提供を開始している、企業の営業・マーケティング・サポート活動を高度化するためのデータプラットフォーム「Treasure Data CDP for Sales」と「Treasure Data CDP for Service」を、2021年10月13日より販売開始します。

 
画像1

 現在、コロナ禍を契機に、デジタルにおける消費者行動の向上や対面営業自体の制限から、企業は、顧客とのデジタル接点やコミュニケーションの強化につとめています。一方で、顧客は多くの企業から多くの情報を受け取ることになり、そのため、自分や自社にとって有益な内容や、最適な顧客体験を提供する企業を好んで選択することとなります。このような状況下で、企業の各担当者が、顧客ないし顧客企業に対して的確な対応を行うためには、顧客接点とそこから得られる顧客データを組織横断で包括的に管理して、顧客を正しく理解することが必要となります。

 今回提供する「Treasure Data CDP for Sales」と「Treasure Data CDP for Service」は、企業のDXをさらに推進するべく、顧客データの活用範囲を、マーケティング活動から営業・サポート活動など社内の様々な部門へと拡張し、各担当者が、より詳細な顧客プロファイル情報を顧客対応に生かし、顧客と企業のリレーションシップをより強固なものにすることを支援します。
 「Treasure Data CDP for Sales」は法人営業高度化のためのデータプラットフォームとして、B to B企業での様々なチャネル・部門に分散している顧客企業・担当者データの統合や、営業・マーケティング・サポート活動の全体最適化を支援します。また、「Treasure Data CDP for Service」はコンタクトセンター・コールセンターからWeb・アプリ・広告・店舗といった多様な顧客接点を包括的に管理し、コンタクトセンターの担当者がリアルタイムに顧客一人ひとりに的確な対応を行う支援をするデータプラットフォームとなります。

【Treasure Data CDP for Salesの主な機能】

画像2

【Treasure Data CDP for Serviceの主な機能】

画像3

 インキュデータは、「Treasure Data CDP for Sales」と「Treasure Data for Service」の提供とともに、データ活用の戦略立案支援から、各種施策を実行するためのデータ活用や分析基盤の構築・運用支援・コンサルティング、またデータプライバシー保護とセキュリティ体制の構築まで、ワンストップでより強力な支援を提供し、企業のDX推進のための包括的なサポートを行ってまいります。

●本件に関する法人のお客さまからの問い合わせ先
インキュデータ株式会社 マーケティング担当
E-mail:dbc_marketing@incudata.co.jp

インキュデータ株式会社について
インキュデータ株式会社は、ソフトバンク株式会社、株式会社博報堂およびTreasure Data, Inc.の合弁会社です。ソフトバンク株式会社が持つ独自のデータや最先端テクノロジーの活用に関する知見と、博報堂グループが保有する生活者データをベースに、データ活用による企業の変革を支援しています。具体的には、データ活用における戦略の立案から「Treasure Data CDP」を活用したデータ活用・分析基盤の構築・運用、各種施策を実行するためのコンサルティングまでをワンストップで提供しています。また、個人情報保護の強化が求められている昨今の情勢を踏まえ、3rdパーティクッキーに依存しない効果的なデジタルマーケティングを支援するソリューションとして、ユーザが各種WebサービスにSNSなどのアカウントでログインできるようにするソーシャル・ログイン・プラットフォーム「Loghy™(ロギー)」と、クッキーの利用に関する同意管理プラットフォーム「Qonsent™(コンセント)」を、2021年1月から提供しています。

このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES