データプレパレーションを統合したデータ分析基盤の新サービス「Dataring」を10月11日(月)より提供開始

~データ整備から可視化までのオペレーションを省略化。データ分析の品質向上へ~

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤)は、Excelデータを始めとする多様なデータを集約・蓄積するデータパイプラインを構築することで、全社横断でデータプレパレーションを統合することができるデータ分析基盤サービス「Dataring(データリング)」を、10月11日(月)より提供開始します。価格は最小構成となるデータプレパレーション・データベース・ダッシュボードで31万円(月額/税別)~です。併せて、お客様のデータプレパレーションの課題解決をご支援するデータプレパレーションサービスの提供を開始します。

 ビジネス環境や市場の変動により、将来の予測が難しくなっている現状において、ファクトとなるデータを企業経営に活用することは必要不可欠です。一方、経営層による意思決定の過程で、データの質と粒度が相違することでデータソースの品質が担保されず、データ整備に時間とコストを要し横断的な経営判断を妨げる弊害も生まれています。特にグループ会社やカンパニー制で多角経営に取り組む企業では、データが分断される要因となる様々な課題が顕在しています。

 「Dataring」は、Excelデータを始めとする業務システムでは集約しきれないデータを収集し、変換して加工することにより、ダッシュボードやグラフなどで用途に合わせて閲覧でき、データの可視化までを提供します。経営から現場まで全社横断でデータを集約・蓄積するデータパイプラインを構築することで、業務スピードや生産性を高め、データ分析前に必要とされる、データ収集と整備にかかるコストや工数と期間が削減でき、データ分析の品質が格段に向上します。

■提供サービスについて
「Dataring」は3つの構成で提供します。
1. Dataringプレパレーション
従来の業務システムでは取得が難しいとされる鮮度が高く、粒度の細かい中間データを、業務オペレーションを変えることなくダイレクトに収集できるフレームワークを提供します。

2. Dataringデータベース
Dataringプレパレーションで収集した多種多様な業務データを分析に適した形で蓄積するデータベースです。
今後、MLOps機能を活かし、Dataring内に蓄積されたデータに対して、機械学習による予測や自動分類の実現を進めていく予定です。

3. Dataringビジュアライゼーション
Dataringデータベースで蓄積されたデータを可視化・分析・共有するBIツールです。業務に応じたテンプレートも備わっています。

 さらに、「Dataring」サービスと併せて、データ分析を推進する「データプレパレーションサービス」を提供します。データに関する業務課題の整理、加工・変換等のデータ管理や運用のルール化、データパイプラインの構築から分析・可視化までを支援します。
画像

URL:https://www.wingarc.com/service/dataring/

 今後、当社が提供する運送会社向けクラウドサービス「IKZO」や製造業向け在庫適正化ソリューションなどへ「Dataring」技術の適用を進めていきます。業種に特化したデータ活用サービスを提供していくことで、各業界のUPDATA(R) (アップデータ)※を実現させていきます。

※UPDATAは、UPDATEとDATAの造語です。データにより世の中をそして私たち自身もアップデートしていこう、という想いを込めています。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300 FAX:03-5962-7301 E-mail:tsales@wingarc.com

▼ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアーク1stの最新情報をお届けしています。
・ウイングアーク1st公式Facebook http://www.facebook.com/wingarc
・ウイングアーク1st公式Twitter https://twitter.com/WingArc

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES