日本CTO協会、デジタルの日に自社のDX偏差値を10分で分析できる「DX Criteria簡易診断」リリース!デジタル化率と成長率を徹底分析「DX動向調査レポート」も一般公開

一般社団法人日本CTO協会(本社:東京都渋谷区/代表理事:松岡剛志、以下:日本CTO協会)は、デジタル庁が掲げる「誰一人取り残さない 人に優しいデジタル化」という理念に賛同し、「デジタルの日」である10月10日(日)に、自社のDX偏差値を10分で診断することができる「DX Criteria(DX基準)簡易診断」を新たにリリースします。さらに、今年4月に「デジタル技術や最新テクノロジーをうまく用いてビジネスの変革を進めたい」「生産性や利益率を抜本的に改善したい」という方を対象に作成した「DX動向調査レポート」を無料で一般公開します。

日本CTO協会は、日本を世界最高水準の技術力国家にすることを目標として、デジタル化実現の為に活動しております。この度、社会全体でデジタル化の進展を意識するために、これまでに集積したCTO(最高技術責任者)の知見の社会への提供を通じて、「日本の企業経営に先端テクノロジーを」というミッションのもと、デジタル化を後押し、日本経済発展の一助となるべく取り組んでまいります。

■日本CTO協会のデジタルの日における2つの取り組み
1.自社のDX偏差値を10分で分析「DX クライテリア簡易診断」ツールを無料公開

「DX Criteria簡易診断」https://dxcirt.cto-a.org/

 DX Criteriaは、各社が自社のDXについて現状を可視化して把握し、改善への指針を立てられるための基準です。分析のための入力項目は多岐に渡り300を超える回答が必要でした。課題を明確にし、アクションを整理する為にはこの項目数が必要ですが、より簡易に分析できるよう、今回新たに「DX クライテリア簡易診断」をリリースすることにいたしました。簡易診断については30項目を答えるだけで、各テーマの偏差値を推定することができ、たった10分で自社のDXにおける強みや弱みを発見できるようになりました。

画像1

~開発担当者 広木大地コメント~
「簡易版は少数のデータでも一定以上の精度でのアセスメントが可能となるよう、設計いたしました。具体的なアクションにつなげていくには正規のDX Criteriaをご活用いただいた方が効果的ですが、まずは入り口として簡易版にチャレンジしていただけたらと考えています。またデジタル・トランスフォーメーションとデベロッパー・エクスペリエンス(開発者体験)からなる“2つのDX”がどれだけ進んでいるかが可視化できるため、結果をシェアすることでエンジニア採用などにもご活用いただけると思います。」

2.「DX動向調査レポート」を無料で一般公開

レポート閲覧申込ページ: https://mailchi.mp/cto-a/dx-report-2021

 今年4月10日に「DX動向調査レポート」を会員限定にて公開いたしました。この調査は日本CTO協会が協会の会員企業をはじめ、国内のスタートアップから上場企業まで合計1500を超える企業を対象に実施しました。
コロナ禍におけるリモートワーク推進に伴い、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)が自社の戦略にとって重要だと理解しているものの、様々なキーワードが流行する中で本質的なアクションを打つのは難しいと考え、「デジタル比率(デジタル経由の売上構成比率)」と「成長率(年平均成長率)」の関係に着目。高成長なデジタル企業の「具体的な活動」を調査し、その他の企業とのギャップを分析すること、DXにおける重要な成功要因を発見することを目指しています。デジタルの日をきっかけに、レポート内容を無料で一般公開いたします。
画像2

■「デジタルの日」とは

画像3

「デジタルの日」は、「誰一人取り残さない、人にやさしいデジタル化」を実現するため、 政府と民間が共同で、定期的にデジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合う 機会として、今年から創設されます。 「デジタルの日」では、『デジタルを贈ろう』をテーマに設定し、個人や企業・団体などあ らゆる人々が参加でき、主体的にアクションしたくなるような要素を取り入れ、様々なサ ービスを贈り、触れることによって、「デジタル」を身近に感じ、生活をもっと便利に、も っと楽しくしていくことを目指します。

■一般社団法人日本CTO協会について

画像4

 日本CTO協会は、日本を世界最高水準の技術力国家にすることを目標として、2019年9月に設立しました。主な活動は「DX企業の基準作成」「調査・レポート」「コミュニティ運営」「政策提言」です。先端企業CTO経験者の知見を集積して社会に還元し、デジタル技術を通じたビジネス革新と優れた開発者の生産的な環境の構築することで、より豊かな日本社会の実現を目指します。

画像5

・代表理事 : 松岡剛志
・設立   : 2019年9月2日
・本社   : 東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル10F-B
・URL   : https://cto-a.org/

<代表理事>
・株式会社レクター 代表取締役      松岡剛志

<理事>(社名50音順)
・カーディナル合同会社 代表社員     安武弘晃
・グリー株式会社 取締役上級執行役員CTO 藤本真樹
・株式会社クレディセゾン 取締役(兼)専務執行役員 CTO(兼)CIO 小野和俊
・Sansan株式会社  執行役員/CTO/VPoE     藤倉成太
・GMOペパボ株式会社 取締役CTO          栗林健太郎
・Zホールディングス株式会社 常務執行役員 Co-GCTO 藤門千明
・株式会社ソウゾウ  取締役CTO 名村卓
・株式会社BuySell Technologies 取締役CTO 今村雅幸
・ビジョナル株式会社 取締役CTO  竹内真
・freee株式会社   取締役CTO   横路隆
・株式会社VOYAGE GROUP 取締役CTO  小賀昌法
・株式会社ミクシィ  取締役CTO     村瀬龍馬
・株式会社LayerX 代表取締役 CTO  松本勇気
・株式会社レクター 取締役     広木大地

■ 法人会員について
法人会員は、レポート等につきましても閲覧できます。その他にも会員向けのイベント等も開催しております。入会費及び入会概要については下記サイトを御覧下さい。
法人会員へのお問い合わせはこちら(https://cto-a.org/membership/

▼PDFデータはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d81310-20211008-6511d67e0fbef28e134e96667ba44f81.pdf

リリース詳細
提供元: PR TIMES