メタデータ管理ツール市場ーコンポーネント別(ツール、サービス)、メタデータタイプ別(ビジネスメタデータ)、アプリケーション別、ビジネス機能別、展開モード別、業種別、地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「メタデータ管理ツール市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年10月05日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-115239

メタデータ管理ツール市場は、2022年に75.0億米ドルの市場価値から、2030年までに253.4億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に19.0%のCAGRで成長すると予想されています。

画像

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/metadata-management-tools-market/115239

一元化されたデータ管理の重要性の高まり、データセキュリティにおけるメタデータ管理の重要性の高まり、およびより高いデータ品質と信頼できる分析の必要性の高まりは、メタデータ管理ツール市場の成長を推進する主な要因です。多くの企業がメタデータ管理ソフトウェアを使用しており、データ処理ソフトウェアは情報の自動開発を支援します。これは基本的に、データをいつ、どのように、誰が開発したか、およびデータが保存される形式について説明します。グローバルなメタデータ管理ツール市場の成長は、明確さと均一性を提供するメタデータ管理ツールの機能の進歩によって促進されています。また、ツールの完全なデータガバナンス機能もメタデータ管理ツール市場の成長に貢献しています。

メタデータ管理ツール市場セグメント

メタデータ管理ツール市場は、コンポーネント別(ツール、サービス)、メタデータタイプ別(ビジネスメタデータ、技術メタデータ、運用メタデータ)、アプリケーション別(データガバナンス、リスクとコンプライアンスの管理、インシデント管理、製品とプロセスの管理)、ビジネス機能別(人事、財務、マーケティングと販売、法務、運用)、展開モード別(クラウド 、オンプレミス)、業種別(BFSI、小売・消費財、政府、テレコム・IT、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造、エネルギー・ユーティリティ、輸送・ロジスティクス、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、ツールセグメントは、予測期間中に大きな市場規模を占めると予想されます。

コンポーネントに基づいて、メタデータ管理ツール市場はツールとサービスに分割されます。ツールセグメントは、予測期間中に大きな市場規模を占めると予想されます。メタデータ管理ツールの展開は、さまざまな目的に役立つため、採用が増加しています。これらの目的には、北米およびヨーロッパの先進国の企業の内部または外部にある可能性のある機密データの違反に対するリソースの発見および厳格なコンプライアンス違反の罰則が含まれます。小売、製造、通信、IT、BFSIなど、すべての主要な業種でメタデータ管理ツールの採用が拡大していることは、このセグメントの成長が促進されると予想されます。

アプリケーションに基づいて、リスクとコンプライアンスの管理セグメントは、予測期間中に最大の市場規模を保持すると予想されます。

アプリケーションに基づいて、市場はデータガバナンス、リスクとコンプライアンスの管理、インシデント管理、製品とプロセスの管理、およびその他(運用管理、および従業員のパフォーマンスデータ管理)に分割されます。リスクとコンプライアンスの管理セグメントは、予測期間中に最大の市場を占めると推定されます。組織は、リスク管理アプリケーションを使用して、リスクインテリジェンス機能を強化し、リスクエクスポージャーに対処します。これがこのセグメントの成長を後押ししています。

メタデータ管理ツール市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、予測期間中に最大の市場シェアを占めると推定されます。北米では、データ管理およびデータガバナンスソリューションは、ほとんどの組織および業種で非常に効果的であると見なされています。これは、この地域のメタデータ管理ツール市場の成長を推進しています。一方、ヨーロッパでは、これらの高度なソリューションが徐々に企業内に組み込まれています。さらに、APACは、デジタル化の進展と集中管理システムの需要の高まりにより、メタデータ管理ツールの採用が大幅に増加していることを目の当たりにしています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

メタデータ管理ツール市場の主要なキープレーヤー

メタデータ管理ツール市場の主要なキープレーヤーには、IBM(米国)、Microsoft(米国)、Oracle(米国)、SAP(ドイツ)、ASG Technologies(米国)、Adaptive(米国)、Cambridge Semantics(米国)、CentricMinds(オーストラリア)、Collibra(米国)、Data Advantage Group (米国)、Informatica(米国)、GlobalIDS(米国)、TopQuadrant(米国)、Atlan(シンガポール)、erwin(米国)、Infogix(米国)、Syniti(米国)、Smartlogic(米国)、Solidatus(英国)、Alation (米国)などがあります。この調査には、メタデータ管理ツール市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-115239

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

リリース詳細
提供元: PR TIMES