フライウィール、パナソニックの工務店DXを推進するSaaS型サービスの立ち上げを一気通貫支援

住宅業界のデータ活用を見据えたサービスの開発をサポート

株式会社フライウィール(以下、フライウィール)は、パナソニック株式会社エレクトリックワークス社(以下、パナソニック)の委託を受け、パナソニックが工務店向けに提供する生産性向上のためのSaaS型サービス『sumgoo(スムグー)』の企画と開発を支援いたしました。

sumgooの開発においては、将来的なデータ取得・活用を行うための、データ利活用におけるプロセス標準化の設計に配慮いたしました。sumgooの導入により、工務の現場・管理部門における業務タスク機能や、施主を含めたコミュニケーション機能が実現します。工務店のサービスレベルを向上し、顧客満足度を高めるべくDX化を推進いたします。

フライウィールは、2018年に創業したAIデータのベンチャー企業で、顧客の中長期戦略に基づき、データを基軸にした本質的課題に対して、企画からデータ利活用におけるプロセス標準化の設計および開発までを、一気通貫で支援しています。本件においても、サイロ化された膨大なデータの利活用における実績、パーソナライズプラットフォームの提供で培った技術、ノウハウを適用し実施しています。

画像1

‎住宅建設業界を取り巻く環境は、高齢化、労働人口不足に加えて新築戸建住宅の着工件数は年々減少するなど大変厳しい状況であり、業界としてDXによる生産性向上が急がれています。フライウィールが行った複数の工務店へのインタビューの結果、生産性低下の要因として以下の課題が浮き彫りとなりました。

並行する複数の案件において、今自分が何をすべきか、何ができていないのかがわからない
電話、チャット、メールなど多様な方法でやりとりや意思決定が行われ、何が最新の状態か、何が意思決定されたのかわからない
様々なステークホルダーとのコミュニケーションで決まったことが整理されて残っていない

sumgooは、工務店と施主に対して次の3つの機能を提供し、タスク管理の利便性やコミュニケーション課題を解決することで生産性と施主満足度の向上を実現します。

集客~アフターフォローまでの複雑な業務をタスクに分解して管理することにより、後戻りやミスの少ない業務を実現
施主とのコミュニケーション機能による認識齟齬の低減
職種(経営、営業、工務、施主)別のダッシュボードで課題をシンプルに可視化、問題把握が容易

画像2

フライウィールは、sumgooを通じて、引き続き、住宅業界課題に対するパナソニックの中長期の戦略に基づき、サービス価値の向上に向けて、データ利活用を支援してまいります。また、同様の技術支援を他の業界にも展開してまいります。

◆フライウィールについて

フライウィール(本社:東京都千代田区、代表取締役:横山 直人)は、「データを人々のエネルギーに」をミッションに、SCMからマーケティングまで一気通貫したデータソリューションを提供し、リテール業界を始めとした様々な産業の構造改革を支援しています。

https://www.flywheel.jp/

リリース詳細
提供元: PR TIMES