“オーダーメイド・サンドイッチ”『サブウェイ』TikTokフォロワー1万人突破!

ファンとのコミュニケーションを図るため、『サブウェイ』がTikTokを強化

SNSマーケティング支援、Shopify構築運用支援事業などを展開する株式会社EmpaC(本社:東京都品川区、代表取締役:松山真衣、以下EmpaC)は、 “オーダーメイド・サンドイッチ”『サブウェイ』のSNSを活用したファンとのコミュニケーション支援をしております。昨夏運用を開始した動画配信プラットフォーム「TikTok(ティックトック)」サブウェイ公式アカウントのフォロワー数が1万人を突破しましたので、お知らせいたします。

画像1

シャキシャキ野菜を挟み、お客様の好みに合わせたオーダーメイド・スタイルが特徴で、全世界に根強いファンが多い『サブウェイ』。

以前より、「サブウェイ好き」なユーザーとのコミュニケーションを図るため、SNSに注力をしてきた『サブウェイ』が、若年層への更なる訴求とコミュニケーション強化のために運用を開始した公式TikTokは、本格始動からわずか1年で1万人を突破いたしました。

社員や店舗スタッフオススメのカスタマイズを紹介する動画は特に人気で、再生数が58万回を超える投稿も。

画像2

参照:https://www.tiktok.com/@subwayjapan/video/6998464831393139970?is_copy_url=1&is_from_webapp=v1

人気急上昇中の『サブウェイ』公式TikTokは、アカウント開設から企画、撮影、編集、運用までサブウェイのデジタルマーケティングを支援する広告代理店・株式会社日宣(本社:東京都千代田区、代表取締役:大津裕司)と株式会社EmpaCが全面サポートしており、日宣×EmpaC×サブウェイ3社共同の「サブウェイチーム」が、「サブウェイ好き」のユーザーとのリレーション構築を強化すべく、TikTokをはじめとしたSNS運用(Twitter、Instagram)を行なっています。

サブウェイチームは、企業アカウントではあまり例のない、TikTokのコメント返信にも注力しており、ユーザーからは「サブウェイを身近に感じてより好きになった!」「私の好きなカスタマイズも投稿してみよう!」などの声が聞かれ、ユーザーに寄り添った運用方法も注目されています。

今秋には、有名TikToker(ティックトッカー)修一朗とのコラボレーションも。

画像3

参照:https://www.tiktok.com/@subwayjapan/video/7009226705198009601?is_copy_url=0&is_from_webapp=v1&sender_device=pc&sender_web_id=6963883657753560578

修一朗TIkTokアカウント:https://www.tiktok.com/@tuckinshuichiro?lang=ja-JP

今後も、サブウェイ公式TikTokをご注目いただけると幸いです。

【先着10社限定で無料相談受付中】
2021年10月1日(金)より、新規企業様で先着10社限定で「SNSマーケティング無料相談会」を開始いたします。枠が埋まり次第終了となりますのでお早めにお問い合わせくださいませ。

【株式会社EmpaCについて】
EmpaC= Empathy+Community
「共感」を伝播し、コミュニティーを活性化させ「共創」へ。

様々なチャネルがある中で、ユーザーとのリレーション構築に最適なShopify× SNSを中心とした「売る」マーケティングをご提案、特にリソース不足が大きな課題となっているスタートアップ、中小企業へのマーケティングサポート支援を強みとしています。

【会社概要】
会社名:株式会社EmpaC
所在地:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコアSHIP4階
代表者:松山真衣
設立:2021年4月
URL:https://empac.co.jp/
事業内容:SNSマーケティングサポート支援(SNS運用支援、インハウス化支援、TikTok撮影、運用代行)、オンラインショップ(Shopify)構築支援、ブランディング支援

問い合わせ:hi@empac.co.jp
担当:松山真衣

リリース詳細
提供元: PR TIMES