チンクエチェント博物館がプロデュースしたイタリアの“動くモダンアート”「FIAT 500ev」プロダクトモデル第1号車が完成。

「チンクエチェント」の愛称で親しまれるFIAT 500を所蔵・展示するチンクエチェント博物館(愛知県名古屋市)。
当博物館では電気自動車「FIAT 500ev」のプロデュースも行っています。
昨年、プロトタイプを導入してから、既に何件かオーダーもいただいておりますが、この度、さらなる改良を施し、完成度をより高めた、プロダクトモデルとしての第1号車が完成しました。

【プロダクトモデル第1号車について】

●車両のレストア(修復)精度が大幅に向上。熟練の技術でつくり込んだ完成度の高い車両です。
●足まわり、ブレーキなどのパーツは可能な限り新品を使用。
●オートクチュールで仕上げる理想の1台。ボディの塗装色やインテリアの色・素材はもちろん、ボディのカスタム(ロングサンルーフ仕様、クローズドルーフ仕様など)にも対応。オーナーの理想を具現化します。
●キーレスエントリー、デジタルオーディオシステムなどの快適装備をオプションで用意。
●航続距離は約100km
●200Vのコンセントタイプの充電機を備えた充電スポットで充電が可能。

■取材のお申し込み、詳細・ご不明な点は下記までお問い合わせをお願いいたします。

チンクエチェント博物館
担当 : 深津
TEL : 052-871-6464 FAX : 052-882-1105
携帯: 090-7048-5358
e-mail : fkz@museo500.com
HP : www.museo500.com

■「FIAT 500ev」の詳細はこちらをご覧ください。
https://museo500.com/fiat500ev2021/

■関連画像等は下記からダウンロードいただけます。
https://museo500.com/fiat500ev2021/download.html

リリース詳細
提供元: PR TIMES