入出庫・倉庫業務でのスマートフォン利用率が1年間で26%UPの急伸 ~インフュージョン、在庫管理システムの利用デバイスを調査 キャッシュレス決済の普及が影響か~

株式会社インフュージョン(所在地:横浜市)は、主力サービスであるクラウド/SaaS在庫管理システム「在庫スイートクラウド」のデバイス利用ユーザー264拠点を対象に2020年8月と2021年8月のスマートフォンの利用率に関する調査を実施いたしました。
その結果、この1年間で在庫管理にスマートフォンを導入しているユーザーが28%から54%へ26%増加したことが分かりました。
2019年以降、急速に普及したキャッシュレス(バーコード・QRコード)決済に伴う技術革新と実体験が、倉庫内でのバックオフィス業務にも影響していることが伺えます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/274068/LL_img_274068_1.png
利用デバイス構成率の推移(1280×670px)

■調査結果サマリー(2020年8月と2021年8月の比較)
(1)スマートフォンのみ利用しているユーザーは11%から25%へ増加
(2)ハンディターミナルとスマートフォンを併用しているユーザーは17%から29%へ増加
※(1)(2)合計で、スマートフォンを利用しているユーザーが28%から54%へ増加
(3)ハンディターミナルのみ利用しているユーザーは72%から45%へ減少

■考察
入出庫・倉庫業務における、バーコード・QRコードの読み取りデバイスにスマートフォンを活用しているユーザーが増加しています。特にスマートフォンのみの利用率は倍以上へと伸びていることが分かりました。
スマートフォンで不安視されていた「カメラの読み取り性能」の向上※1や、キャッシュレス決済の実体験※2から「スマートフォン」採用のハードルが下がったと考えられます。

※1 当社検証で、2017年発売と2019年発売の同一シリーズのスマートフォンで、同じバーコードを読んだ際、2017年発売の機種では読み取らなかったが、2019年発売の機種では問題なく読み取りができた事例がございます。
※2 当社にて、ユーザーに説明する際「キャッシュレス決済のようにバーコード・QRコードを読み取る」と話すことで、ほぼ全ユーザーがイメージできると言ってくれるようになりました。

■調査概要
調査対象期間 :2020年8月/2021年8月
対象企業 :在庫スイートクラウド(クラウド/SaaS在庫管理システム)にて
ハンディターミナル・スマートフォン
どちらも利用可能なオプションへの加入企業
対象ユーザー数:264拠点

■調査の背景
読み取りデバイスとしてスマートフォンを活用する事例を目にするようになり、ハンディターミナルとスマートフォン、どちらを採用するか決めかねるユーザーが増加しています。判断材料として活用できるよう、正確な利用状況を調査し、公表することとしました。

■「在庫スイートクラウド」について
クラウド/SaaS在庫管理システム「在庫スイートクラウド」はハンディターミナル・スマートフォン(Android・iOS)ともに入力デバイスとして利用が可能。リアルな在庫管理を軸に倉庫・物流センター内において在庫管理・倉庫管理の改善を支援するシステムです。

※「在庫スイートクラウド」の詳細や資料・体験版請求はこちら
https://infusion.co.jp/zsc/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/274068/LL_img_274068_3.png
在庫スイートクラウド

■会社概要
社名 : 株式会社インフュージョン
URL : http://www.infusion.co.jp/
設立 : 2001年10月
資本金 : 1,000万円
従業員数: 9名
代表者 : 代表取締役 角 三十五(かど みそご)
所在地 : 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-8 KDX新横浜ビル
Email : info@infusion.co.jp

■事業内容
インフュージョンは在庫管理・倉庫管理の改善支援を目指し、クラウド/SaaS在庫管理システム「在庫スイートクラウド」を軸に展開。

※本ニュースリリースに記載されているその他のブランドおよび製品名は各所有者の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
利用デバイス構成率の推移(600×315px) 在庫スイートクラウド