【株式会社サイトロンジャパン】「Player One」天体撮影用CMOSカメラ、オプションを9月3日に発売

株式会社サイトロンジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:渡邉晃)は、Player One Astronomy社の天体撮影用CMOSカメラ4製品及びオプション9製品を2021年9月3日に発売いたします。

画像1

今回新たに発売する「Player One」の天体撮影用CMOSカメラは、長時間露光での天体撮影時には必須となるオートガイド用のガイディングカメラとして優れた機能を有します。また、すべてのモデルに高速伝送が可能なUSB3.0ポートを搭載しており、オートガイドだけでなく惑星撮影や電視観望などにも幅広く使用できるのが特長です。

■発売概要
CMOSカメラ
Player One Xena-M
Player One Ceres-C(※)
Player One Ceres-M
Player One Sedna-M
※直営店シュミットにて販売

オプション
Player One T2-T2アダプター
Player One 1.25″延長筒
Player One 100mmガイドスコープセット
Player One 2.1mmCSレンズ
Player One 2.5mmCSレンズ
Player One MINITPD三脚
Player One CS-M42アダプター
Player One CS-1.25″アダプター
Player One 1.25″キャップ

希望小売価格:いずれもオープン価格
発売日: 2021年9月3日(金)

Player Oneガイディングカメラ共通の特長
●NovaBoostingテクノロジー
Player One AstronomyのXena-Mに採用されているNovaBoostingテクノロジーは、独自の技術でセンサーの周波数をオーバークロックし、センサーのFPSを向上させます。Xena-Mに搭載されているIMX249センサーの公称フレームレートは30FPSですが、Xena-MはNovaBoostingテクノロジーによって最大48FPSでの撮影が可能です。これにより太陽、月面、惑星のイメージングに十分なフレームレートが確保できます。

●DPSテクノロジー
Player OneのガイディングカメラにはDPS(Dead Pixel Suppression)テクノロジーが搭載されています。DPSにより自動的にデッドピクセル(ホットピクセル、コールドピクセル)を低減します。
画像2

●差し込みやすく、様々な望遠鏡に対応する形状
Player Oneのシンボルである赤色と特徴的な六角形のデザインはそのままに、31.7mmスリーブに直接差し込める形状を採用しました。最大39mmの差し込みが可能で、バックフォーカスの制限を受けにくいため、様々なガイドスコープや望遠鏡にマッチします。
画像3

●USB3.0高速データポート
USB3.0データポート(5Gbps)を搭載しており、従来のUSB2.0デバイス(480Mbps)の10倍以上の速度での転送が可能です。オートガイドのみならず、フレームレートが必要な月・惑星撮影にも十分な性能を発揮します。

●過電圧、過電流保護機能
カメラや接続中の他の機器を過電圧および過電流による破損から保護する機能を装備しています。

Player One Xena-M

画像4

■主な特長
天体撮影用CMOSカメラでは世界で初めて(※当社調べ)IMX249センサーを搭載したモデルで、1/1.2″の広い受光部と5.86μmの高感度ピクセルを搭載しており、オフアキシスガイドに最適です。

NovaBoostingテクノロジー
IMX249センサーの公称フレームレートは30FPSですが、ハードウェアを独自にオーバークロックすることで最大48FPS(10bit)の高速伝送を可能とし、プラネタリーイメージングで有利に働きます。

グローバルシャッター採用
IMX249センサーはグローバルシャッターを搭載しており、高フレームレート時に被写体が歪むのを最小限に抑えることが出来ます。

■主な仕様
画像5

CMOSセンサー:Sony IMX249(モノクロ)
フォーマット:1/1.2型(11.3×7.1mm)
解像度:1936×1216
ピクセルサイズ:5.86μm
QE:≈77%
飽和電荷容量:32000e
A/Dコンバーター:12bit
FPS:48FPS
シャッター:グローバルシャッター
読み出しノイズ:6.0e-3.5e
HCGモード:なし
保護ガラス:ARコートクリアガラス
データポート:USB3.0
ガイドポート:ST4互換(RJ12)
フランジバック:7.5mm
接続規格:31.7mm(M28.5mm P=0.6mm)
サイズ:全長64.8mm(ノーズピースを含め)
質量:約65g
付属品:USB3.0ケーブル(2m)、ST4オートガイダーケーブル(2m)、1.25″延長筒、1.25″キャップ、エアーブロワー
対応OS:Windows 7,8,10

Player One Ceres-C ※直営店シュミットで販売

画像6

■主な特長
Ceres-Cは、IMX224センサーを搭載したエントリークラスのガイディングカメラです。USB3.0搭載で画像の高速転送に対応しているため、通常のオートガイドに加えて、電子ファインダーやプラネタリーイメージング用途でも使用可能です。

高感度・低読み出しノイズ

画像7

IMX224の読み出しノイズは3.0e – 0.74eと小さく、3.75μmのピクセルを採用しているため、高い感度と最大19.4keの広いダイナミックレンジを持っています。

高フレームレート
10bitでの撮影時、最大154FPSのハイスピード撮影が可能です。オートガイドカメラとしてだけではなく、プラネタリーイメージングにも威力を発揮します。

■主な仕様
画像8

CMOSセンサー:Sony IMX224(カラー)
フォーマット:1/3型(4.9×3.7mm)
解像度:1304×976
ピクセルサイズ:3.75μm
QE:TBD
飽和電荷容量:19400e
A/Dコンバーター:12bit
FPS:154FPS
読み出しノイズ:3.0e-0.74e
HCGモード:対応
保護ガラス:ARコートクリアガラス
データポート:USB3.0
ガイドポート:ST4互換(RJ12)
フランジバック:7.5mm
接続規格:31.7mm(M28.5mm P=0.6mm)
サイズ:全長64.8mm(ノーズピースを含め)
質量:約65g
付属品:USB3.0ケーブル(2m)、ST4オートガイダーケーブル(2m)1.25″延長筒、1.25″キャップ、エアーブロワー
対応OS:Windows 7,8,10

Player One Ceres-M

画像9

■主な特長
Ceres-MはAR0130センサーを搭載したエントリークラスのモノクロガイディングカメラです。高感度で暗いガイド星でも安定したオートガイドが可能です。
画像1

■主な仕様

画像11

CMOSセンサー:Aptina AR0130(モノクロ)
フォーマット:1/3型(4.8×3.6mm)
解像度:1280×960
ピクセルサイズ:3.75μm
QE:≈80%
飽和電荷容量:18000e
A/Dコンバーター:12bit
FPS:65FPS
読み出しノイズ:7.3e-3.6e
HCGモード:なし
保護ガラス:ARコートクリアガラス
データポート:USB3.0
ガイドポート:ST4互換(RJ12)
フランジバック:7.5mm
接続規格:31.7mm(M28.5mm P=0.6mm)
サイズ:全長64.8mm(ノーズピースを含め)
質量:約65g
付属品:USB3.0ケーブル(2m)、ST4オートガイダーケーブル(2m)、1.25″延長筒、1.25″キャップ、エアーブロワー
対応OS:Windows 7,8,10

Player One Sedna-M

画像12

■主な特長
Sedna-MはSony IMX178 1 /1.8型センサーを採用したモノクロプラネタリーカメラです。約640万画素の高解像モデルで、より細かいピッチで精密なオートガイドを行うことが出来ます。また、月面や惑星の高解像度撮影にも適しています。
画像13

■主な仕様

画像14

CMOSセンサー:Sony IMX178(モノクロ)
フォーマット:1/1.8型(7.4×5.0mm)
解像度:3096×2078
ピクセルサイズ:2.4μm
QE:≈80%
飽和電荷容量:15000e
A/Dコンバーター:14bit
FPS:60FPS
読み出しノイズ:2.2e-1.3e
HCGモード:対応
保護ガラス:ARコートクリアガラス
データポート:USB3.0
ガイドポート:ST4互換(RJ12)
フランジバック:7.5mm
接続規格:31.7mm(M28.5mm P=0.6mm)
サイズ:全長64.8mm
質量:約65g
付属品:USB3.0ケーブル(2m)、ST4オートガイダーケーブル(2m)、1.25″延長筒、1.25″キャップ、エアーブロワー
対応OS:Windows 7,8,10

画像15

Player One T2-T2アダプター

両側にT2ネジ(M42×0.75)のオスネジが切られた薄型アダプターです。Player OneのカメラやM42×0.75規格のアクセサリー同士を接続するために使用します。

■主な仕様
ネジ:M42×0.75(オス-オス)
光路長:2mm
スレッド長:4mm(両側)

Player One 1.25″延長筒

1.25インチ接続部分を20mm延長する延長筒です。ガイディングカメラのフランジバックが短すぎる時や、差し込み口を延長したいときに使用できます。
ガイディングカメラシリーズには標準で付属します。

■主な仕様
ネジ:M28.5×0.6(オス-メス)
光路長:20mm
スレッド長:2mm

Player One 100mmガイドスコープセット

画像16

Player Oneのガイディングカメラに最適な5mm~100mmバリフォーカルレンズのオートガイドセットです。ファインダーサイズのミニアリガタで望遠鏡に取り付けます。

■主な仕様
焦点距離:5mm ~ 100mm
口径比:F 1.6
マウント:CSマウント
質量:約270g(カメラ除く)
対応センサー:1/3インチセンサーまで
内容物:5mm~100mmレンズ、40mmガイドリング、CSレンズアダプター

画像17

Player One 2.1mmCSレンズ

1/3インチセンサーのカメラに取り付けることで、対角150°の画角で全天を写すことができるCSマウントレンズです。

■主な仕様
焦点距離:2.1mm
画角:対角150°(1/3インチセンサー接続時)
マウント:CSマウント
対応センサー:1/3インチセンサーまで(Mars-C, Mars-M, Ceres-C, Ceres-M)

Player One 2.5mmCSレンズ

1/2インチセンサーのカメラに取り付けることで、対角170°の画角で全天を写すことができるCSマウントレンズです。

■主な仕様
焦点距離:2.5mm
画角:対角170°(1/2インチセンサー接続時)
口径比:F 1.2
マウント:CSマウント
対応センサー:1/2インチセンサーまで(Neptune-C, Neptune-CII, Neptune-M,Sedna-M)

Player One MINITPD三脚

画像18

4段階で脚の開度を変えることができるミニ三脚です。既に販売中のプラネタリーカメラの底部ネジと接続して、CSマウントレンズで全天を観測する際に便利です。

■主な仕様
全長:約175mm(収納時,ネジ山除く)
全高:約30mm~約145mm(ネジ山除く)
質量:約195g
開脚幅:約160mm~約270mm
開脚調整機構:4段階
ネジ:UNC 1/4カメラネジ
材質:金属

画像19

Player One CS-M42アダプター

Player OneのM42×0.75メスネジスレッドを持ったプラネタリーカメラに接続することで、CSレンズを取り付けることができるアダプターです。 ガイディングカメラシリーズへの取り付けは出来ません。

■主な仕様
ネジ:CS(メス)- M42×0.75(オス)
光路長:6.5mm

Player One CS-1.25″アダプター

Player OneのガイディングカメラシリーズへCSマウントレンズを取り付けるためのアダプターです。プラネタリーカメラシリーズへの取り付けは出来ません。

■主な仕様
ネジ:CS(メス)- M28.5×0.6(オス)
光路長:5mm
スレッド長:2.5mm

Player One 1.25″キャップ

画像2

Player Oneガイディングカメラ・プラネタリーカメラの1.25インチ部分に被せてセンサーを保護するための軟質ラバーキャップです。

【本製品についてのお問い合わせ先】
株式会社サイトロンジャパン
ストア課 TEL:03-6908-3112

ーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社サイトロンジャパン
双眼鏡や天体撮影カメラ等の光学製品を製造・販売する光学メーカーです。海外製の交換レンズブランドや、世界最大の天体望遠鏡メーカーなどの国内代理店業務も行っています。
◆おかげさまで、2021年6月1日に創立60周年を迎えました◆
https://www.sightron.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー

リリース詳細
提供元: PR TIMES