暗号化ソフトウェア市場ーコンポーネント別(ソリューションとサービス)、アプリケーション別、展開の種類別、組織の規模別、業種別、および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.が「暗号化ソフトウェア市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年08月04日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108882

画像

暗号化ソフトウェア市場は、2022年に129.6億米ドルの市場価値から、2030年までに706.0億米ドルに達すると推定され、予測期間中に27.4%のCAGRで成長すると予想されています。

この市場の成長は、オンプレミス環境での重大なデータ損失の懸念の高まり、ビッグデータ分析の活用によるクラウド環境でのリスク、暗号化ソリューションの採用を増やすための規制などの要因によって推進されると予想されます。データ中心の技術の開発の増加、および市場での電子データ駆動型デバイスの採用の増加も、暗号化ソフトウェア市場の成長に貢献しています。世界中でサイバー攻撃の増加とデータの急増により、組織は必要な措置を講じ、データの整合性を維持するためのデータ暗号化プラットフォームの開発に投資する必要があります。デジタル化の進展により、セキュリティで保護する必要のある毎日生成される個人データの量が増加しています。さらに、人々が電子デバイスを使用して生成した個人情報や機密情報を保護する必要性が、暗号化ソフトウェア市場の成長につながっています。

市場セグメント

暗号化ソフトウェア市場は、コンポーネント別(ソリューションとサービス)、アプリケーション別(ディスク暗号化、ファイル/フォルダー暗号化、通信暗号化、クラウド暗号化)、展開の種類別(オンプレミス、クラウド)、組織の規模別(中小企業(SME)、大企業)、業種別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

クラウド暗号化セグメントは、予測期間中に最も速い成長率を保持すると予想されます。

アプリケーションに基づいて、クラウド暗号化セグメントは、予測期間中に最も速い速度で成長すると予想されます。クラウド暗号化アプリケーションの高い成長率は、世界中の企業の間でクラウドが継続的に広範に採用されていることに起因しています。柔軟性とスケーラビリティの向上、展開の高速化、モビリティの強化など、多くの利点は、クラウドの採用を促進します。

業種に基づいて、銀行、金融サービス、保険(BFSI)セグメントは、予測期間中に最大の市場規模を保持すると予想されます。

BFSIセクターの企業は、競争力の維持、コストの節約、付加価値サービスで顧客体験を向上させるために、提供を拡大しています。モバイルテクノロジーの使用の増加により、金融機関での暗号化ソリューションとサービスの採用が強化されています。金融セクターは、暗号化ソリューションを使用して、顧客の機密データを制御および保護しており、盗難の内部および外部のリスクからデータを保護します。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は最大の市場シェアを保持しており、2022ー2030年の間に暗号化ソフトウェア市場を支配すると予想されています。この成長は、新しいテクノロジーの早期採用、およびこの地域に多数のプレーヤーが存在することに起因しています。一方、APACは、暗号化ソフトウェア市場に広範な成長手段を提供します。この成長は、機密データを保護するために暗号化ソフトウェアを広く採用している中小企業(SME)および通信会社の広範な存在に起因しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー

暗号化ソフトウェア市場の主要なキープレーヤーには、CipherCloud (カリフォルニア、米国)、Dell (テキサス、米国)、ESET (ブラチスラバ、スロバキア)、Gemalto (オランダ、アムステルダム)、IBM (ニューヨーク, 米国)、McAfee (カリフォルニア、米国)、Microsoft (米国ワシントン州)、PKWARE (ウィスコンシン、米国)、Sophos (英国アビンドン)、Symantec (カリフォルニア、米国)、Thales e-Security (ラ・デファンス、フランス)、Trend Micro (東京、日本)などがあります。この調査には、暗号化ソフトウェア市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/encryption-software-market/108882

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

リリース詳細
提供元: PR TIMES